よよかのドラマーのコンテスト動画がスゴイ!所属バンドが判明!世界が絶賛!

8歳児【2018年現在】の天才ドラマーよよかちゃんのドラマテクニックがスゴイと話題になってます。

よよかちゃんのドラムテクニックは世界的ロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のドラマーチャド・スミス絶賛し世界中から絶賛されています。よよかちゃんは現在所属する家族バンドでドラムを演奏する日々を送っています。

若干8歳の天才ドラマーのテクニックやどんな女の子なのか出身・家族について調べてみました。

スポンサーリンク

よよかちゃんプロフィール

よよかちゃんが注目されだしたのはレッド・ツェッペリンの「Good Times Bad Times」のカバー演奏が動画により徐々に注目されだしました。

あどけない表情と可愛らしいルックスに相反してドラムテクニックのギャップがすごく多くの海外メディアがら注目されるようになりました。

よよかちゃんのプロフィールは?

名前|相馬よよか

生年月日|2009年10月生まれ

出身|北海道石狩市

所属|かねあいよよか(家族バンド)

よよかちゃんは2歳の時からドラムをはじめメキメキと上達し4歳の時にライブ活動を初めています。

5歳の時にバンド結成し父・母・弟の4人で家族でバンドを組みドラマーとして活躍し6歳の時にはファーストCD『ハマナスの約束』も発売しています。

2017年の小学1年生で2nd『センス!』を発売、翌年の2018年には初の全国流通CD『YO-YO-YO?』を発売もしています。

メンバー全員が作詞・作曲をしボーカルも務めていてよよかちゃんもドラムだけではなくボーカル、ピアノも担当。ライブやイベントは100本以上を経験しテレビやラジオ、新聞などのメディアにも出演されています。

SNSで公開しでいるドラム動画は世界中から賞賛され数々のプロとも共演をしています。

好きなドラマーは「ジョン・ボーナム、ベニー・グレブ、クリス・コールマン、カーマイン・アピス、山木秀夫」

女性ドラマーコンテストの動画がスゴイ!

第2回 スーパーキッズパフォーマンスコンテスト小学校低学年の部で優勝。

世界的な女性ドラマー限定のコンテスト『Hit Like A Girl 2018』の18歳以下の部にて、8歳でウイークリーチャンピオンとなります。

その時の動画です。

「Hit it Girl 2018」でウィークリーチャンピオンに輝き、結果的に海外から大反響に繋がります。

よよかちゃんは笑顔を絶やす事なく楽しげにドラムを演奏していますが、バスドラムのキックペダルまでまだ足が届かずつま先立ちのような形で踏んでいるのもとても可愛らしいですね。

非常に高難度だとされるキラーフレーズ(バスドラムの3連抜き)も楽々こなしている所は世界のファンの度胆を抜いています。

演奏自体は素晴らしくその腕前は本物と言って良いでしょう。

こうした海外の反応について父親を通じてよよかちゃんのコメントがありました

「将来は海外での活動を考えていたので、世界中の人によろこんでもらえて私もうれしい。これからも練習をたのしく頑張って、グルーヴや歌心を大事にしたドラムを続けていきたい。バンドでもソロでも作詞作曲をたくさんしたい。10月の道新ホールでのワンマンライブは札幌だけど、世界のいろんな人に見にきてほしいです」

世界が絶賛

世界的ロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のドラマー、チャド・スミスが絶賛しているように世界中がよよかちゃんに注目しています。

ツイッターには、国内もさることながら海外のユーザーからも絶賛の声が続出し「信じられない」「マジですごい」といった絶賛の声が続出。さらには、チャド・スミスもツイッターで最高だ!とコメントしています。

また、シンガーソングライターのシェリル・クロウもよよかちゃんのドラムパフォーマンスに絶賛しています。

その他に海外メディアや米音楽誌などの見出しにも紹介されています。

数々の有名アーティストの目に止まりこれから世界に羽ばたくドラマーになりそうなよよかちゃんから目がはなせませんね。

また、シンガーソングライターのシェリル・クロウも、彼女のドラミングに興奮気味に反応していた。

スポンサーリンク

バンドのメンバー

かねあいよよかのメンバーは家族で構成されています。

メンバーは3名ですが最近弟さんも参加されています。

よよか(ドラム、ピアノ、歌)
母・相馬りえ(歌、ギター)
父・Soul mArk If me(ベース、歌、その他の楽器)
サブメンバー:弟・しどう(エアギター、ドラム、ダンス)

お父様もバンド活動しており間違いなく家族の影響で音楽を初めているよよかちゃん。

弟さんもメンバーに加わりさらに今後の活躍が期待できそうです。

お父様も20年近く音楽活動をされています。

お父様のプロフィールがありました。

ジャンルやセオリーにとらわれないワン&オンリーの世界観。
シャウト、ウィスパー、ファルセットを自在に行き来する4オクターブ以上の声域を活かした独自の歌唱。
現代と人間の矛盾と不条理を表現し続ける、孤高のアーティスト&シンガーソングライター。
ヴォーカルユニット「かねあい」と並行し、様々な形態での活動を継続中。

HISTORY:
中学卒業後デザイン学校に進学するも突然音楽に目覚め、自己流で作詞・作曲や歌を始める。
1997年、ギタリスト鴇田隼とユニット「NOAH’S Ark」を結成。
1999年よりソロワークを開始。ソングライティングや歌、ギターのみならずベース、ドラム、ピアノ、キーボード、打ち込み、レコーディング、ミックス、マスタリング、デザイン等その全てを手掛ける。

【第一期】1999 – 2002
主にレコーディングを中心に活動。2年半の間に6枚のフルアルバム、1枚のシングルを発表。

≪2002年、かねあい結成。ソロワーク休止≫

【第二期】2009 –
7年ぶりにソロワークSoul mArk If meを再始動。
第一期ベストアルバム『音学史 -1999~2002-』、第二期リスタートシングル『U』を同時発表。
弾き語りライヴ中心に活動を展開。続々と新曲を発表し、2010年8月に最新作『産声』を発表。
同年8月に東京、11月には札幌で9年ぶりにバンドスタイルでのライブを行った。
2011年、自主企画「報いのない前進」を10年ぶりに復活。
2012年、バンド初音源をリリース。次なる高みを目指し、チャレンジを続ける。

引用|オトキタ

お母様は職業は取材記者やご自宅で発声などのレッスンを行っているよです。

家族一丸となりバンドを結成しているのも微笑ましいですね。

今後の家族での活動も楽しみですね。

  まとめ

若干8歳の天才ドラマーよよかちゃんは家族バンドを結成しCDもリリースしライブやステージをこなしています。

愛くるしい表情とのドラムのギャップがすごくその腕前は世界から絶賛されています。

若干8歳で海外の活動も視野に入れ世界中の人を喜ばせるドラマーになるためにこれからも練習を積み重ねたいとコメントするよよかちゃんは将来必ず世界的なドラマーになり活躍するでしょう。

今後の活躍に期待したいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク