絹sowa(そわ)本名は吉田早耶香 !プロフィールや経歴cdは?ラストヒロインやカラオケバトルに出演!

今回は絹sowa(そわ)さんについて調べて見ました。

絹sowa(そわ)さんは、THEカラオケ★バトル 「ブレイク直前!歌の新星SP」に出演されています。

ということは、絹sowa(そわ)さんは、まだブレイク直前ですが、これからブレイクし活躍される期待の新生ですね。

絹sowa(そわ)はシンガーソングライター、アーティストとして活動されていて、曲「わかってるよ」「片方のイヤホン」やCDも発売されていました。

過去には、絹sowa(そわ)さんは「ザ・ラストヒロイン~ワルキューレの審判~」にも出演されています。

そんな、シンガーソングライターとして活躍されていて、今回のカラオケバトルでも期待の新生として期待がある、絹sowa(そわ)さんのあれこれを調べてみました。

では、さっそく♪

スポンサーリンク

絹sowa(そわ)のWIKI風プロフィール

名前:絹sowa(そわ)
本名:吉田早耶香(よしださやか)
生年月日:1977年2月8日
出身:愛知県よしみ市
学歴:東邦高校

絹sowa(そわ)さんは小さいころから歌手として夢があり、高校生のころから名古屋を中心にストリートライブを初めています。

しかも、歌われる曲は、作詞・作曲されていました。

曲は女子中高生たちに共感が得れる曲が中心で女の子の気持ちなどを書いています。

しかし、絹sowa(そわ)さんは共感のできる歌詞を書くだけではなく、歌唱力もありストリートライブでは、あっという間に数百人の人だかりができ地元で人気になります。

友人に勝手にあげられた、Twitterの横顔での歌投稿がきっかけで、あっという間にフォロワーが数万人なりました。

高校卒業後は全国でストリートライブを行い全国各地の女子高生の間で話題になりはじめます。

そして、その話題性からTV出演のオファーやライブ出演依頼が増え、2017年に拠点を地元愛知から東京に移し本格的な音楽活動をはじめます。

上京しわずか半年でメジャーレーベルからのオファーがあり2018年にメジャーデビューをされています。

大学などの学園祭の出演のオファーも多く活躍されています。

活動されている名前の「絹」は「そわ」と読み、語源はフランス語で絹を「ソワ」といいそこから名付けたそうです。

歌声は絹のように澄んでいて、そして絹のように優しく包み込む柔らかな歌声ですので、ぴったりの名前ですね。

メジャーデビューに関しては、母親とある約束があり、23歳までにメジャーに行かなければ音楽を辞めると昔から母親と約束していたそうで、まずは約束が守れてよかったとコメントがありました。

過去には、「ザ・ラストヒロイン~ワルキューレの審判~」にも出演されておました。

ラストヒロインは「世界一厳しい芸能学校」として放送されたオーディションリアリティ番組です。

スポンサーリンク

絹sowa(そわ)のCDは?

引用:http://www.sowa.press/

絹sowa(そわ)さんは2018年にメジャーデビューし、上記にもありましたがCDも発売されています。

現在まで(2018年現在)に出された曲は4曲でメジャー第一弾シングルとしてCDを出されています。

曲は、等身大の絹sowa(そわ)さんの言葉「本当の思い」を詰め込んだ3部作になっていて恋愛の曲になっています。

「本当は伝えたかったあなたへの一言。」とありましたので、もしかしたら絹sowa(そわ)さんが経験されていることかもしれませんので、過去に彼氏などがいたのかもしれませんね。

最近、出された曲は「わかっているよ」という題名で女の子の複雑な胸の内を表現したバラードとなっています。

絹sowa(そわ)さんを調べていると、曲の歌詞などが調べられていますので、曲の歌詞が多くの女性から支持されているのかもしれませんね。

一部ですが、独断と偏見で「いいな」と思った歌詞をあげてみます。

「わかっているよ」歌詞から

わかってる、わかってる 私だって子供じゃないから この気持ち隠すことくらいできるよ 気が抜けるたびにいつも君を想い出すの もしかしたらって期待してる自分がいる わかってる、わかってるよ ダメだよね、バカだよね

「あの日のぬくもり」歌詞から

たくさんのありがとう たくさんのごめんね 全部伝えきれなかったよ たくさんの大好きを 後回しにして 君との距離が遠くなった

「片方のイヤホン」歌詞より

あぁ電車に乗って座れたのはいいけどさ君は音楽聞くのちょっとだけ寂しいな片方のイヤホンこっちの耳につけていい?
おんなじ曲が聞きたいの いつもより距離が近くなるのはちょっとドキドキするけど実はそれが嬉しかったり
そんなこと君には言えないけどね…

若い女性の胸の内を綴った歌詞になっていますので、若い女性を中心に人気があるのでしょうね。

絹sowa(そわ)のラストヒロインは?

「ザ・ラストヒロイン~ワルキューレの審判~」上記にもありますが、コンセプトは「世界一厳しい芸能学校」。

番組開始時に特定の芸能事務所・レコード会社に所属していないことや、厳しいルールがあります。

入学したら、レッスンなどを受け、参加者を徹底的に厳しく指導し、不適格と判断された者に対しては「レッドカード」を出され「退学」となってしまうサバイバルオーディションリアリティ番組です。

15万人以上が応募し書類選考で勝ち上がった人たちの夢に向かったガチンコの戦いで、絹sowa(そわ)さんも出演されていました。

ラストヒロインに出演された時には、吉田早耶香(よしださやか)で出場されていますので、吉田早耶香(よしださやか)が本名だと思われます。

歌の審査では、やはりストリートライブで多くの人を魅了させていますのでよかったですが、演技の審査で、講師の先生から「感性がない」とメモられてしまい退学となってしまいました。

番組を見た方の評価は、悪くはなかったとありましたが、プロで講師から見たらだめだったのでしょうね。

絹sowa(そわ)さんは、ダンスも好きだったから、番組で残って踊りたかったと、言われていましたので、ダンスも出来るのでしょうね。

しかし、シンガーソングライターとしてcdデビューされていますので、演技力より歌で活躍された方がよかったのかな?って思ってしまいました。

スポンサーリンク

絹sowa(そわ)がカラオケバトルで歌うmiwa「片想い」動画

次のページへ