林真須美死刑囚の死刑執行はいつ?現在の様子は家族は?平成のうちにと?

林真須美死刑囚の支援者の集会が2018年8月21日に大阪市内で開かれました。

地下鉄サリン事件で関係者の死刑が執行され年号が変わることで事件の区切りとして「平成のうちにと」とささやかれています。

林真須美死刑囚は現在も無罪を訴え再審請求中で夫の林健治さんや長男を含めた100人が集会に参加し林真須美死刑囚の無罪を主張し林真須美死刑囚の訴えています。

林真須美死刑囚は2009年に死刑が確定し、その後再審請求をしましたが2017年3月に棄却されています。

その後再び再審請求中ですがXデーがいつなのかと世間では騒がれています。

再審請求中でも刑が執行されたケースはあり再審請求は執行引き延ばしを目的に繰り返される事が多く役7割の死刑囚が再審請求をしているそうです。

林真須美死刑囚が起こしたとされる和歌山カレー事件から20年もの年月が経ち平成が終わろうとしていますので多くの刑の執行があるのではと言われています。

しかし和歌山カレー事件では直接証拠がなく、状況証拠の積み重ねだけで有罪とされていて刑の確定をしてもよいのか賛否が問われています。

スポンサーリンク

林真須美死刑囚の死刑執行はいつ?

「私は無実」と林死刑囚 毒物カレー事件20年の集会が再審請求中の林真須美死刑囚の支援者集会が大阪市内で開かれました。

オウム真理教の地下鉄サリン事件での刑が確定した死刑囚の刑が執行されて、平成の事件は平成のうちにと次の時代に持ち越さない方がよいと声があります。

しかし和歌山カレー事件は直接証拠がなく状況証拠の積み重ねだけで有罪判決になり刑が確定されました。

2009年に刑が確定されましたが再審請求をし2017年3月29日付で棄却されました。

再審請求をしても再審されるのは困難で「開かずの扉」とも言われています。

死刑囚の全体7割が再審請求をしていますがこれは刑の執行の引き伸ばしなどとも言われています。

しかし再審請求中でも過去には刑が執行された事もあるそうです。

和歌山カレー事件では状況証拠のみ有罪判決による刑の確定になりますので、世間では少数ですが冤罪の可能性もあるのでは?なども言われています。

実際に田原総一朗さんは「批判を承知であえて言えば、本人が容疑を否認し、確たる証拠はない。そして動機もない。このような状況で死刑判決が確定してよいのだろうか」などとコメントしています。

ですので万が一、無罪であり刑が執行されてしまう事になってしまっては国が責任を問われる可能性もあり刑が執行されない可能性も高いと言われています。

刑の執行が確定する前に獄中で亡くなる受刑者も多くその可能性の方が高いのかもしれません。

林真須美死刑囚の獄中生活は?

林真須美死刑囚は逮捕当時37歳でしたが現在57歳(2018年現在)になり拘置所生活も20年となりました。

2009年に刑の判決受けてますが現在でも自身の無実を訴え、再審請求中ですが日々執行の日を待つ身となっています。

彼女は獄中から手記を出しており20年の拘置所生活で自身の事を「シワクチャシラガハヌケババア」と表現しています。

歯は抜けて見た目、上唇がないのに等しくなり、髪は薄く白髪となり、顔はシミやシワやクスミやの「シワクチャシラガハヌケババア」となってしまいました。この三畳一間にいて、一番おとろしいことは鏡で自分の顔を見ることです。

他にも彼女を悩ませている事があり、独房の夏の暑さと冬の寒さだそうです。

夏は灼熱地獄となり冬は寒さと戦いになるとか。

収容される拘置所によって冷暖房が設置されていない所がほとんどです。

収容されている部屋によっても日差しが差し込んだり窓が開かないなどもあり室温にも差がかなりあります。

手記では獄中の環境など綴った内容もありました。

 私の室、獄中生活は暑いってもんではない。窓の開閉が左右自由にできず、上下に鉄板の窓戸[ママ]が年中はめ込まれていて、焼け付いて手で触ることも出来ず、風通しは悪くて、蒸し風呂、サウナ状態であること、廊下側食器口も私の室は、普通の1/10も開閉できず、風が全く通らず、頭上に24時間監視カメラと録音マイク二つがセットされており、電灯も他室より大きく明るく二本も電球[ママ]があり、昼も明々とつけられており他室より暑いこと、日中は太陽が差し大汗がビニール畳にポタポタ落ち3~4回は着替えて過ごすこと、もう冷たい差し入れが平日ないのなら死んだ方がマシだ[中略]私室[ママ]と他室との室温を比較するため測ってほしいと再々々々々、所長に申し出てきましたが、所長の代理として面接した女区長(女)は知らぬ顔をしてます。

刑を執行を日々待つ身の林真須美死刑囚ですが拘置所の処遇に不満を感じ、何度も国家賠償請求訴訟を起こし30件以上も勝ち続けているそうです。

東京拘置所、名古屋拘置所は収容者の部屋に冷房が設置されていますが全国の刑務所・拘置所に冷房が設置されている施設は1割ほどのようです。

大阪拘置所には暖房もなく林真須美死刑囚は冬には全身に使い捨てカイロ貼って寒さを凌いでいるそうです。

森友学園の籠池前理事長も大阪拘置所に収監された際は冬の寒さに手に霜焼けができたとも言っています。

林真須美死刑囚は籠池理事長に饅頭、妻に石鹸を獄中から差し入れをしていて二人に喜ばれていたそうです。

彼女の20年間の間獄中生活を考えると想像もつきませんが自身の無罪を訴え続けています。

スポンサーリンク

 現在の様子は家族は?

引用|https://this.kiji.is/393337816974640225?c=39651436617744384

和歌山カレー事件の林真須美死刑囚の支援者集会では夫である健治さんや長男を含む約100人が参加しています。

林真須美死刑囚の家族は夫の健治さんとの間に4人の子供がいます。

娘3人と息子が1人です。

長女、次女、長男、三女の順です。

夫の林健治さんも保険金詐欺などで刑が確定し服役し出所され、現在は脳内出血倒れ体が不自由になり車椅子生活を余儀なくされています。

林真須美死刑囚とはいまだに婚姻関係にあり妻の無実を長男と一緒に訴えています。

長男も実の母の無罪を信じ、年に一度くらいの頻度で面会に行っているそうです。

事件後、両親二人共が逮捕されてしまい4人の子供達は児童養護施設で育っています。

林夫婦は多額の保険金詐欺を働き逮捕前は贅沢なくらしをしていたそうで4人の子供達も何不自由ない生活をしていたそうです。

自宅には多額の現金があり札束で積み木遊びをしていたとか。

しかし事件後は子供たちの生活は一変しました。

長男はインタビューに答えていて施設でいじめや暴力を受けていたと話しています。

同じ施設に入所していた少年らから日常的な暴力を受けたといい、顔に傷ができれば職員らにいじめが発覚することから主に体を狙われ、生傷が絶えなかった。「ポイズン(毒)」。いじめを受けていた少年らからこんなあだ名で呼ばれることもあったという。給食のカレーに乾燥剤を入れられ、気付かずに食べておう吐したことも。

林家の4人の子供達は全員成人し独立をしています。

しかし犯罪者の子供と言うと世間はでは風当たりが強く普通に生きて行く事が困難だと思います。

長男は運送会社働いていますが息子と言う事を知っているのは社長だけだと言っています。

以前飲食店で働いていた際にも素性が知れてしまい衛生的に悪いという理由で辞めさせられたと言います。

お付き合いされていて結婚も考えていた女性に自身の事を話した末に結婚も破断になったとか。

犯罪者の子供と重い十字架を背おい生きて行くのは大変な事です。

子供たちには何の罪もない事ですが犯罪者の血が流れているだけで世間では風当たりが強くなります。

長男は母親の無実を信じ父親の健治さんと活動をしていますが実際に母親が犯人でなくても事件は起こっており多くの被害者が出ている事は事実です。

長男は「家族だから、母を信じたい思いがある。何度も葛藤を繰り返している」と苦しい胸の内を明かしています。

長男以外の他の兄妹も同じ十字架を背負いながらもひっそりと暮らしているそうで林家は長男以外は3人は女の子で結婚もし子供もいるそうで母親である林真須美死刑囚とは疎遠になっているとも言われています。

子供が生まれると自身の十字架をその子供にまで背負わせたくないと思います。

出来れば関わりたくないと思いは誰しもが思う事だと思います。

和歌山カレー事件

毒物カレー事件 平成10(1998)年7月、和歌山市園部の夏祭りに出されるカレーにヒ素が混入され、4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒になった。近くに住む林真須美死刑囚が殺人などの罪に問われ、弁護側は無罪を主張したが、1、2審は死刑判決。最高裁もこれを支持し、21年に死刑が確定した。弁護団は同年7月に和歌山地裁に再審請求を申し立てたが、今年3月に棄却された。

まとめ

オウム真理教の事件関係者の刑の執行により平成の事件は次の世代に持ち越さないなど事が言われていて多くの刑が執行されるのでは?と考えられています。

和歌山カレー事件も20年以上がたち2009年に刑が確定しています。

再審請求も2017年に棄却されもしかして刑の執行があるのではと考えられます。

しかし和歌山カレー事件は直接証拠がなく状況証拠だけでの刑の確定になっており今でも林真須美死刑囚は無罪を主張し続けています。

このまま刑を執行してしまい万が一でも冤罪の可能性でもあれば国は責任を問われることにもなりますので林真須美死刑囚の死刑執行は長引くのではとも考えられます。

刑の執行を待たずに獄中でなくなる受刑者も多く林真須美死刑囚もその可能性もあります。

彼女の獄中生活はとても厳しく年を重ねると堪え難い環境にあると思います。

受刑者の中では熱中症などで亡くなられた方もいます。

国も刑の執行をせずに獄中で亡くなることを望んでいるのかもしれません。

しかし林真須美死刑囚がいくら無実を訴えても事件は起こっていて被害者も多く出てているのは真実です。

この事件は奥が深く難しい事件だと思いますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク