横浜世界一の獣医(心臓病)の動物病院はどこ?口コミ費用は?施設がスゴイ!?(jasmine)

「YOUは何しに日本へ?」愛犬と日本に来日された外国人の目的が愛犬の手術のために来日していました。

海外からわざわざ日本にやって来たのは横浜に世界一の獣医がいると言うことで来日されています。

彼女の愛犬は心臓病で余命が1年ないらしく借金をして日本にまで愛犬と来日していました。

世界から愛犬の為に日本に来日するくらいの世界一の獣医が日本にいるとは驚きですね。

調べて見ると横浜にある「jasmine(ジャスミン) どうぶつ循環器病センター 」とわかりました。

「jasmine どうぶつ循環器病センター」は心臓病の名医の先生がいて日本中はもちろん海外からも重い心臓病を抱えるペットの飼い主たちが世界一の名医を求めてやってくるそうです。

しかし動物病院は人間と違い治療が高額ですので手術費用なども気になりますね。

番組で紹介され来日した女性は借金200万円をして日本にやってきたと言われています。

手術費用や実際に手術を受けた肩の口コミやブログなど調べて見ました。

スポンサーリンク

横浜世界一の獣医の動物病院はどこ?


引用|https://ameblo.jp/toko48/entry-12000840660.html

「YOUは何しに日本へ?」で世界一の獣医がいる病院は「jasmine(ジャスミン) どうぶつ循環器病センター 」です。

横浜世界一の獣医

神奈川県横浜市にあり特に心臓病の手術で世界的に有名で日本中、世界中から病気をかけた飼い主とペットが訪れています。

ペットとして飼われている犬の死因で多い病気は1位は「がん」2位が「心臓病」で心臓病の中でも「僧帽弁閉鎖不全症」最も多いとされています。

小型犬で中〜高齢の年齢の発症が多く手術より薬による治療が主に行われていて緩和が中心の治療で病気の根本的な治療が行われていましたが「jasmine(ジャスミン) どうぶつ循環器病センター 」では手術による根治療法を可能にさレました。

そして世界一の獣医とし有名な獣医がjasmine(ジャスミン) どうぶつ循環器病センター長の上地正実先生です。

日本で小型犬に「僧帽弁閉鎖不全症」の高レベルの手術が行える医師は片手の指に余るくらいしかいないそうです。

「jasmine(ジャスミン) どうぶつ循環器病センター 」は二次診療施設のため、一般の外来診療は行っておらず診療にかかりつけ医の紹介が必要となるそうです。

海外からの見学に訪れる獣医師もとても多いくらい動物病院です。

スポンサーリンク

jasmine(ジャスミン) どうぶつ循環器病センターの場所は?


引用|http://animal.doctorsfile.jp/h/178623/df/1/

横浜市営地下鉄ブルーライン中川駅から駅前の道路を3分ほど歩く場所に「jasmine(ジャスミン) どうぶつ循環器病センター 」はあります。

〒224-0001
神奈川県横浜市都筑区中川2-7-3
TEL: 045-532-8451
FAX: 045-532-8456
E-mail: info@jasmine-vet.co.jp
引用|https://jasmine-vet.co.jp/

費用は口コミは?

やはり気になるのが費用です。

最初の検査……7万円
手術費用………140万円
入院費……………1週間で約30万円
定期検診…………1回6万円×4回=24万円
引用|https://jasmine-vet.co.jp/MR/MR_Dogs4.html#4-1

200万はかかると思っていた方が良いですね。

ペットを飼っている人の多くは家族だと答える人が多くいると思います。

家族が病気になると当たり前ですが病院に行きますが人間と違うのが病院ですね。

人間とは違い健康保険がないペットの治療は病気によっては高額になる場合が多いですし病院によって治療費が異なります。

ペットを飼っていない人などは「たかがペット」など言われるかもしれませんがペット飼っている人は家族であり子供のような存在と言われる人も多いです。

家族や子供が命に関わる病気であれば何が何でも救うをと思いますね。

投薬治療をする場合でも年間で60万ほどかかるそうで酸素室のレンタルや入院となればさらに料金がかかってきますし2年も続けた場合などを考えると手術での根治療法と同じくらいかかる場合もあるそうです。

関連記事はこちら↓
楽茶陶房ちゅららのぶくぶく茶やパグに会うには?場所はどこ?(どうぶつピース)

実際に手術を受けた人の口コミなど

引用|http://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2018/017734.html

金額も気になりますが次に気になるのがやはり実際に手術をされた人やペットのその後ですね。

「jasmine(ジャスミン) どうぶつ循環器病センター 」の術後生存率は99%だそうです。

これは手術直後の生存率で退院までの1週間の間で合併症などで亡くなってします確率が5%位だそうです。

9割以上の生存率があるとはすごいですね。

実際に手術を受けた人のブログなどもありました。

2017年4月に憎帽弁修復術を行ってもらいました。主治医の先生の説明も丁寧でとても親身になって、わからな事、不安な事、きちんと説明を行ってくれます。術後、上地先生が手術室およびスタッフがいるところへ連れて行ってくれて、手術の内容や今の状況を詳しく丁寧に説明してくれました。また、わが子に、カメラを向けてくれて、麻酔で寝ている状態ですが、大丈夫ですよ。と言ってくれた言葉に涙がでました。本当に神の手。だと思いました。全ての子が、手術を受けることは出来ませんが、心配で、不安の毎日を送るのであれば、診察だけでも受ける価値はあると思います。病院自体は、設備も、スタッフもとても素晴らしい病院で、この病院で診察して頂けたことを感謝しています。
引用|http://animal.doctorsfile.jp/h/178623/k2/

入院時は24時間体制で、獣医もついていてくれるというから、安心だ。
本当に高度先進医療なんだなぁ。
ふうはすごい手術を受けたね。 手術費用も約140万(税込、入院検査別)だったし。
でも、ふうの状態では手術を受けなかったら、そう遠くないうちに死ぬことになっていた。
「ずいぶん早く決断しましたね」 と待合室でほかの患者さんに言われたが、
ゆっくり考えている時間の余裕がなかったのだ。
引用|https://blogs.yahoo.co.jp/nanawithjoy/67855851.html

手術代金の説明もして頂き、その日は終了。
検査費用66,000円超えのお会計でした((((;゚Д゚))))ヒェー

そのまま家に帰り、物凄く悩みました…
その日の夜は、遅くまで家族会議を開いたほどです。

もし手術をするとなれば、手術と入院費 合わせて170万4千円!
その内、手術費用は140万4千円。
その料金だけは、術中に亡くなったとしても返金されないとの事。
引用|https://chocolatandmarron.muragon.com/entry/2.html

上地先生に数ヶ月前に 手術をしていただいて その後の検診にいらしていました。
同じ病気で2年内科治療をして咳がひどくなったので 手術を決断されて
すっかり元気になったそうです。
12歳と年齢を聞いて驚きましたすごく勇気をもらいました。
引用|http://pt-0000000675.jugem.jp/?month=201409

スポンサーリンク

施設がスゴい


引用|https://ameblo.jp/leontoissyo/entry-11911862061.html

「jasmine(ジャスミン) どうぶつ循環器病センター 」の手術室や施設がすごすぎます。

受付などはエステサロンのような感じで動物病院とは感じないくらいです。

さらにスゴいのが手術室が全面ガラス張りで手術の様子が見えるようになっています。

設計するにあたって最もこだわったそうです。

最高の機器も揃えておりモニターを多数設置しており手術中のスタッフの手元の映像や進行具合も確認できるようになっています。

確認することで、術後の管理や次の手術に向けての説明などが伝わりやすなるそうです。

ほとんどの方が驚かれるようです。

しかし目で確認することによって手術中の不安から少し解放されるのかもしれませんね。

関連記事はこちら↓
【東筑波ユートピア】寄付やボランティア募集で出来る事はある?正社員なれば猿貸し出し!?

最後に

「YOUは何しに日本へ?」に海外から心臓病を抱えるペットと来日して世界一の名医を訪ねた動物病院は「jasmine(ジャスミン) どうぶつ循環器病センター 」でした。

「jasmine(ジャスミン) どうぶつ循環器病センター 」は日本でも数少ない「心臓病」に特化した二次診療施設の病院でした。

日本全国から病気で悩む飼い主たちが訪れています。

気になる費用も200万はかかると思っていた方が良いですね。

術後生存率は99%で手術を実際に受けられてペットは順調に回復される犬がほとんどのようです。

施設もホテルかエステサロンのような施設で、特に手術室は誰もが驚くことになっていて手術風景が見えるように全面ガラス張りでモニターなどでも確認することができます。

世界的にも有名で世界一と言われる技術があり世界中からか病気を抱えるペットの飼い主が集まっています。

これからも世界一の名医と言われ、たくさんのペットを救っていただきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク