内海桂子の旦那成田常也と24歳差初婚結婚の馴れ初めや子供は?遺産相続で息子と絶縁?死去後の終活も!




内海桂子さんの子供は何人?

内海桂子さんには子供について調べましたが、2人と思いきや3人ともありました。

内海桂子さんはツイッターで子供を2人産んだと言われていましたので、2人ではないのかな?っと思います。

私は子供を二人生んだ。が二人共苗字が違う。それぞれの父方の姓を名乗った。母は私だけが母方の姓を付けられたが父親の姓を付けた子供を計四人産んでいる。旧戸籍法では長男長女は自分の戸籍を抜くことが出来ず私の両親がそれだったので私は母親姓となった。先祖の姓を継ぐというのは時に複雑となる。

80歳過ぎてからツイッターをされていますし、しっかりされていますので、自分の産んだ子供の人数を間違えることはないでしょうね。

苗字も、自分の苗字を名乗らせているのではなく、父親の苗字を名乗られているのですね。

長男は、亡くなってしまっていますが、孫や玄孫までいるそうです。

お孫さんの1人は浅草で居酒屋を経営されていて、過去に「アド街ック天国」でも内海桂子さんのお孫さんのお店として紹介されています。

(現在は閉店されているようです)

ちなみに、現在の旦那さんである成田さんは、内海桂子さんの籍に入られているそうです。

スポンサーリンク

内海桂子さんは旦那の成田常也のために終活をしている?

内海桂子さんは東京の下町に土地を買い4階建の新居を建てられていて、近所でも2人の仲睦まじい姿が地元でも有名になっています。

内海桂子さんは自宅近くにマンションを購入していて、マンションの名義を夫である成田常也さんの名義にしています。

過去に遺産相続で息子さんと絶縁関係にまでなっていましたので、名義を成田さんの名義にしておけば、自分がなくなった後も遺産相続で揉めることもなく、住む場所にも困ることはないとありました。

そして、このことを話すことで誰もが承知していることにもなり、揉めることがなくなるために話されているそうです。

内海桂子さんは、旦那さんのことを、冗談で「棺桶担ぎ」「骨拾い」「墓守を雇った」と言われていますが、自分が亡くなった後の旦那さんのこともしっかり考えているのでしょうね。

内海桂子さんの優しさと、旦那さんに対する愛情ですね。

旦那さんの成田常也さんは食事の支度から家事までこなしていて身の回りのお世話を献身的にされていて、内海桂子さんのことをいつも気にされています。

2人は相思相愛なんですね。

羨ましい限りです。

関連記事はこちら↓

今回は、木本美紀(きもとみき)さんについて調べてみます。 木本美紀さんは、今年5月に亡くなった西城秀樹さんの妻(嫁)です。 西城...

最後に

内海桂子さんは芸人・漫才師として長く活躍されていて、生涯現役と言われています。

大正・昭和・平成と激動の時代を生きてこられていました。

子供も2人授かっていますが、現在の旦那さんである、成田常也さんとの子供ではありませんでいた。

結婚に対しては、最初は遺産目的とも言われていましたが、成田さんの誠実さが伝わり家族にも認められています。

長男は、結婚には最後まで反対して一時は絶縁状態とまで言われていましたが、亡くなる前には受け入れていました。

24歳年下の旦那さんのことを気遣って、遺産相続で揉めないようにマンションも購入されていて、終活もされている様子。

とても、仲の良い夫婦なので、末長く一緒にいられると良いですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事



スポンサーリンク







スポンサーリンク