つつした(筒状靴下)とは?こんな人にオススメ!通販や価格、口コミを調査!




今回は、「つつした」と言う筒状靴下について調べてみます!

「つつした」は、「坂上&指原のつぶれない店」で「3ヶ月待ちの靴下」として紹介されています!

つい、「靴下が3ヶ月待ち!?」って思いましたが、3ヶ月も待っても履きたい靴下何でしょうね!

「つつした」と名前の通り、筒状の靴下だと思いますが、普通の靴下との違いなども気になりますね!

番組で紹介される、つつしたはどこで買えるのか、通販やお取り寄せができるのか?口コミなどなど、あれこれ調べてみました。

では、さっそく♪

スポンサーリンク

つつした(筒状靴下)とは?

「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されてた「つつした」は人気の靴下で、過去にもメディアなどで取り上げられていました。

やはり、人気の靴下ですね!

「つつした」は、その名の通りかかとがない真っ直ぐの筒状の靴下でゴムは使わず、伸縮性の糸で編んだ靴下です。

かかとがないことで、余ったり、足が小さくサイズがないなどなく、誰の足の形にも吸い付くようにピッタリフィットするようです。

「つつした」は、大阪の1933年創業の樋口メリヤス工業株式会社が製造販売されています。

昔は、軍足を製造する工場で。戦後からは靴下の製造されています。

しかし、靴下の価格競争のため、国内の靴下工場は中国に移り、国内の靴下工場は、倒産に追い込まれる中で、樋口メリヤス工業株も債務を抱えながら細々と靴下製造を続けていました。

樋口メリヤス工業のラインナップの中で、『強力な伸縮の糸を使用している』という共通点ある靴下が「この靴下だけが捨てられることなく、ずっと箪笥に残っている」お客の声にあり、開発を進めます。

しかし、伸縮性のある糸は編みにくく、さらに値段が高いため当時は、靴下に使用されていませんでしたが、お客の声に答えるべく開発をされています。

伸縮性のある糸での靴下の製造に成功しましたが、またもやお客の声で、「かかとが余る」「足が小さく(大きく)サイズがない」

「靴下の中が蒸れる」「肌が弱く荒れてしまう」などの声があり、かとのいらない靴下、「つつした」が誕生しました!

その後、徐々に人気が出て、テレビや雑誌に取り上げられていますが、そこからまた、お客さんの声を聞き、ライフスタイルや年齢によって、求められる靴下の履き心地を追求し新たなラインナップ「ゆるめのつつした」が登場。

どうしても市販も靴下でサイズが合わない人のために、サイズオーダーも初めています!

つつしたを製造されている樋口メリヤス工業は小さな町工場なので、お客さんの声が届きやすい工場で、声を聞き続け生まれたのが「つつした」ですね!

お客さんの声から作られた「つつした」は肌に当たる面が天然繊維100%で靴下の中の蒸れや匂いの不安もない靴下です。

素晴らしい靴下ですね!

スポンサーリンク

つつしたはこんな人におすすめ

足に悩みがある方は意外に多くつつしたも悩みがある人はぜひ履いた方が良いですね!

・左右でサイズが違う人
・肌が弱くすぐにかゆくなる人
・冷え性の人
・足が小さい、大きい人
・足が蒸れ汗をかきやすい人
・足の形が気になる人

足だけの悩みでなく、靴下の悩みにも「つつした」は解決できます!

・すぐに薄くなる、すぐに穴が開く
・履き口のゴムが伸びて履いていると脱げてくる
・合うサイズが少ない
・はきづらい、脱ぎづらい

こんな人に「つつした」はオススメの靴下になっています。

私はが当てはまるのは、足の大きさが左右で違い、人より足が小さくかかとがあまり、靴の中で靴下が泳ぐことなので、「つつした」はすごく興味があります。

「つつした」は伸縮性がある糸で編んでいるので、かかとがなくフリーサイズになっていて、子供から大人まで履くことができます。

「つつした」が足にフィットするようになっていますので、足のサイズが左右で違う人も履け、大きな足、細い足、足の甲や幅などが違いがあっても履けます。

天然の素材でぎっしり編まれているのでフィット感もありゴムでかぶれたりもしませんが、、何より丈夫な仕上がりになっていて、2年近く履いている方の声では、薄くなったり穴が開いたりもなく履き続けている声もありました。

足元に不安がある、年配の方や小さな子まで履け、長く良いものを使い方や、ギフトにも最適ですね。

つつしたの価格(金額)は?

「つつした」の良さはわかりましたが、気になるのが値段ですね!

「つつした」はバリエーションやデザインも豊富にあり、コラボ商品までありました。

一番安い価格は1080円です。

今までの、靴下を買うときは、3足1000円で購入してましたので、それに比べると少々お高めですが、長く履けることを考えると、安いのではないかと思います。

素材やバリエーションによって値段は変わりましが、だいたい2000円台の価格帯ののものが多いですね!

オーダーは5400円となっていました。

「つつした」は足のサイズをあまり気にしなくて良いので、贈り物としても最適ですね!

一見高そうに思えますが、長くはけて足にフィットする「つつした」はお買い得なので、ぜひ履いてみたいですが、現在は製造待ちとありましたが、どこで買えるのかも調べてみました!

つつした(筒状靴下)の通販や購入場所は?

「つつした」は大阪の樋口メリヤス工業で製造されています。

小さな工場で、職人さんが作られていますが、大量生産が一般的な靴下と違い作ることが出来ないないので生産が限られています。

「坂上&指原のつぶれない店」では、「3ヶ月待ちの靴下」と紹介されていますので、番組で人気が出るとさらに待ちが出てしまうのでは?っと思ってしまいますね^^;

取り扱い店も大阪を中心に販売されていますので、遠い人はホームページからの購入になります。

つつしたホームページ

https://higuchiorder.jp/

サイズオーダーなどもホームページから注文できますね!

取り扱い店舗は、大阪が中心になっていますので、お近くの人は購入できますが、遠い方はホームページからの購入が良いですね!

常時取り扱い情報

阪神梅田本店
1階サウステラス婦人靴下売り場
https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/
〒530-8224 大阪市北区梅田1丁目13番13号
06-6345-1201

小田急百貨店 新宿店
7階 紳士服売り場
http://www.odakyu-dept.co.jp/
〒160-8001 東京都新宿区西新宿1丁目1番3号
03-3342-1111

YuiNo 枚方T-SITE 店
〒573-0032 大阪府枚方市岡東町12-2 枚方T-SITE 4階
TEL 072-804-9000
営業時間:10時〜21時 年中無休
京阪電車「枚方市駅」より徒歩1分
http://hirakata.tsite.jp/

デ・ルッソ 本店
大阪府大枚方市楠葉並木2-22-10 長沢ビル1F
営業時間:火・木・土10時〜19時/月・水・金10時〜18:30時/日 定休日
http://de-lusso.com/

枚方観光ステーション
大阪府枚方市岡東町19-1
京阪電車「枚方市」下車、東改札口正面(駅舎2階)
営業時間:午前10時〜午後6時
休館日:年末年始、メンテナンス時
TEL:072-843-4125 FAX:072-841-7488

お客さんの声から生まれた「つつした」ですが、口コミや評判もやはり気になりますね!

つつしたの口コミは?

「つつした」の口コミを調査してみました!

「初めて履いたけどええわぁー
あったかいしすねこの下まで来るわぁ」

お母さんにプレゼントするために注文してた「つつした(かかとのない靴下)」が届いた
お母さんの足元見るたびにかかとがずれてきてて気になってたからこれがしっくりくるといいなあ

足に、ピッタリ、フィットする
踵がないから、履きやすい。

めっちゃ良い!名前もかわいい「つつした」 /機能性抜群でおしゃれな靴下

全体で足にフィットするから、ずれたりずり落ちてくることもないのです。
天然繊維で編まれ、ゴムも入っていないので肌に優しくかぶれることもありません。
ぎっしりと編み込まれているものの、よく伸びるので締め付け感もなく脱着もスムーズですよ。

足にフィットしてずり落ちない、フィット感があるなど意見が多いですね。

ギフトなどにも最適ですので、贈り物としても喜ばれる「つつした」ですね!

最後に

今回は、「坂上&指原のつぶれない店」で「3ヶ月待ちの靴下」として紹介された、「つつした」について調べてみました。

「つつした」は筒状になっている靴下で、かかとがなくどんな足にもフィットする靴下でした。

「つつした」を製造されている会社は、大阪の1933年創業の樋口メリヤス工業株式会社が製造販売されています。

老舗の小さな靴下工場で、倒産の危機でしたが、お客様の声から出来た「つつした」がヒットされていました。

長く愛用でき、丈夫な「つつした」ですので、長く良いものを使いたい方もおすすめですね!

誰の足にもフィットしますので、大切な人への贈り物としても、とても喜ばれる「つつした」でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事



スポンサーリンク







スポンサーリンク