タツキマイアミ(あがすけ)はプロレスラーでココ夏三郎(サブロー)!経歴や相方との格差は?

さんまのお笑い向上委員会にモニター横芸人にタツキマイアミ(高橋竜基 たかはし たつき)さんが出演されます。

モニター横芸人ですのまだ若手の芸人でこれから活躍されていく芸人となりますね。

タツキマイアミさんは「あがすけ」というコンビを組んでいる芸人でプロレスラーとしても活躍されています。

プロレスラーをされているということで筋肉や体つきもよくVシネマの出演などもされているようです。

そいてコンビを組んでいる相方の吉村さんと格差があるそうです。

そんな少し変わった経歴をお持ちの「あがすけ」のタツキマイアミさんについて調べて見ました。

スポンサーリンク

あがすけ タツキマイアミさんの経歴は?


引用|http://grapecom.jp/talents/agasuke

右がタツキさんで左が相方の吉村さんですね。

1991年12月2日生まれ、山形県山形市の出身です。

現在はお笑い芸人、プロレスラーなどで活躍されています。

見た目はチンピラかヤンキーのようなコワモテの感じですね。

最初は高橋竜基として活動されていますがのちにタツキマイアミに改名しています。

「あがすけ」というコンビ名で相方は吉村和彬さんです。

あがすけというコンビ名は山形弁で「お調子者」「生意気」「目立ちたがり」などとひやかしたり、からかったりする時に使う方言言葉だそうですね。

相方の吉村さんとは山形県立山形南高校時代からの付き合いで同級生です。

部活も一緒のラグビー部で吉村さんが主将でタツキさんが副主将で活躍されていました。

同じ学校で同じ部活の主将と副主将で仲が良く夢はアメリカでプロレスラーになることだったそうです。

タツキさんは卒業後は仙台のスポーツトレーナーの専門学校に進みましたが1年で辞め地元で土木作業をしアメリカ行きの資金をためていました。

その後上京しますが、上京理由は矢沢永吉さんの激論集『成り上がり』を読んでビッグになってやろうと思い、その勢いで上京し世田谷区にある大物コメディアン豪邸の前を通った際に芸人になろうと思いつき、いきなり吉村さんも芸人の道に誘ったそうです。

世田谷区に住んでいる有名な芸人はとんねるずの石橋貴明さんや所ジョージさんなどですが誰でしょう。

そして相方吉村さんとコンビを組みお笑い芸人として活動を始めます。

スポンサーリンク

プロレスラーでココ夏サブロー!?

引用|https://www.nissin.com/jp/news/4463

タツキさんはお笑い芸人として活動されていますが、プロレスラーとしても活躍していてリングネームが別にあるそうです。

そのリングネームが「ココ夏サブロー」というリングネームです。

リングネームの「ココ夏サブロー」日清シスコの「ココナッツサブレ」のキャンペーンキャラをされたことがきっかけです。

キャラクターとして「ココ夏サブロー」は誕生しています。

キャラクターを作ったのはエビ中の中山莉子さんで中山さんが描いたキャラが採用されたそうです。

タツキさんはただ筋肉がある見た目だけで選ばれたそうです。

ココナッツサブレを盛り上げる為に検討した結果プロレスに参加することになり「ココ夏三郎」として全日本プロレス入団テストに合格しプロデビューされています。

ものすごくインパクトのキャラクター「ココ夏サブロー」ですが、ちゃんとキャラクター設定があります。

生年月日
1965年3月20日
出身地
フィリピン (ココナッツの原産国という事で)
趣味
格闘技 (特にプロレス)
好きなアイドル
私立恵比寿中学の中山莉子ちゃん (ココ夏三郎の原案者)(中山さんのことを「ママ」だと思っている)
資格
普通自動車免許 (AT車限定)
特徴
ココナッツサブレを食べて、ムキムキになった筋肉。
性格
南国らしく、陽気で誰とでもすぐに仲良くなれる。筋肉を武器にヒーローになって、世界を 平和にするという分不相応な目標を持っている。 自分にも、他人にも、シュガーコートのように甘い。
口癖
語尾に「ナッツ」をつける(例)『今日は暑いナッツ』
サブレジョークが得意。「サクサク」「サクッと」「甘い」
「おかしな」などの言葉を使うと、最後に『サブレだけにね!』とドヤ顔をする。
(例)『サクサク配りますよ。サブレだけにね。』『おかしな話ですよ?サブレだけにね。』
中山さんのことは「ママ」と呼ぶが、他のメンバーには呼び捨て。

結構細かくキャラ設定がされていますね。

口癖もなんだか細かくてつい忘れてしまいそうですね。

スポンサーリンク

相方、吉村和彬さんとの格差?

タツキさんとコンビを組む吉村和彬(よしむら かずあき)さんでが実家が超お金持ちです。

吉村さんの父親は山形県では有名な実業家で10社以上の会社の代表取締役、会長、社長、専務など数多くの肩書きがあります。

たくさんの事業にも関わっており、ケーブルテレビ、全日本プロレス、プロバスケットボールチームほか多くの事業に関わっていて堀江貴文さんも信頼している経営者です。

そして、吉村さんのおじいさんは元山形市長をされており親戚には山形都知事の吉村美栄子さんもいらっしゃいます。

吉村さんは会社の経営に関わっていて取締役もされています。

芸人としてはまだ知名度は高くありませんが芸人がダメでも将来は安泰ですね。

一方、タツキさんはよくある貧乏芸人として頑張っていますが、コンビの格差がかなりありますが現在はコンビでの活躍を目指しています。

関連記事はこちら↓
カラテカ矢部大家さんとの馴れ初めは?現在は亡くなって家は駐車場に?

最後に

タツキマイアミさんは吉村和彬さんと「あがすけ」というコンビで活躍されているお笑い芸人、プロレスラーでした。

学生時代からプロレスラーを目指していましたが、ビッグになる為にお笑い芸人を目指されましたが、持ち前の筋肉を生かしプロレスラーとして活躍することを出来ました。

相方の吉村さんとはかなりの家庭格差がありましたがお互いに頑張っていますね。

ピンでも活動することもありプロレスラーやVシネマなどでも活躍されています。

今回のお笑い向上委員会の番組出演もタツキさんだけの出演ですね。

コンビで活動されている芸人でもピンでの活動をされる芸人は多いですので、もし吉村さんが実家の仕事のあとをついだとしてもタツキマイアミさんがピンでも活動できるように期待したいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク