しずちゃん弟の山崎晴信(ボクシング)の仕事は介護で家族は?初デビュー戦は市川友也で秒でKO!!

山崎晴信(やまさきはるのぶ)さんがデビュー戦のスーパーミドル級に挑みましたが負けてしましました。

山崎晴信は南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さんの弟でボクシングのプロデビューをして話題になりました。

しずちゃんも元アマチュアボクサーで山崎晴信さんも少なからず影響を受けてボクシングを始めていると思います。

現在は山崎晴信さんは35歳ですが、家族の情報やしずちゃんも独身ですので結婚なども気になりますね。

そんな山崎晴信さんの仕事や家族、今回のデビュー戦の試合など調べて見ました。

では、さっそく♪

スポンサーリンク

しずちゃん弟の山崎晴信

引用|https://umatoku.hochi.co.jp/

名前:山崎晴信(やまざきはるのぶ)
生年月日:1983年2月4日
出身:京都・福知山市生
身長:181cm
体重:84㎏
所属:エディタウンゼントジム

山崎晴信さんは、3人兄弟の末っ子で育ちシズちゃんの上に長女で元陸上選手の忍さんがいます。

ボクシングの経験はなく、高校時代のサッカーをされていたそうでが追手門学院大に進学後はサッカーはされておらず運動がジョギング程度だったそうです。

ボクシングを始めたのは2017年からで、健康目的ともありました。

しずちゃん2008年に女子ボクシングが舞台のNHKドラマ「乙女のパンチ」で主演をされて本格的にボクシングを始めています。

少なからずしずちゃんの影響もあったと思いますね。

そして山崎晴信さんは、身長は181cmありますが、姉のしずちゃんは182cmあるそうです。

しずちゃんの方1cmが高いですね。

父親が身長が高いらしく似たのでしょうね。

プロテストを受けたきっかけは、ボクシングのプロテストの年齢が34歳がリミットで制限があったそうです。

それを知って、山崎晴信さんは挑戦されてそうです。

しかし181cmと体格がよく、プロテスト合格時は84kg(前回は89kg)もあり当該の階級はクルーザー級(90kgくらい)と言われていました。

ちなみにプロテストは2回目で1回目は不合格だったそうです。

そして見事、合格されていますが、日本国内には重量級のボクサーが殆どおらずデビュー戦までに減量してライトヘビー級(79kgくらい)かミドル級(72.5kgくらいまで)まで落とす必要があると言われていました。

デビュー戦ではスーパーミドル級(76・2キロ以下)まで体重を落とし挑んでいます。

90キロ近い体重を15キロ以上落としたのはすごいですね。

プロデビュー戦が決まると山崎晴信さんは、仕事の合間に毎日10キロの走りこみを始めたそうです。

しずちゃんからはプロテスト前に「やるなら本気でやりや」と喝を入れられたそうです。

経験のある姉の喝は、自信に繋がりますし、エールにもなりますね。

スポンサーリンク

山崎晴信さんの仕事は介護で家族は?

引用|https://natalie.mu/owarai/news/244525

画像はしずちゃんと母親です。

しずちゃん大きいですね(笑)

山崎晴信さんの仕事は週5日で介護の仕事をされています。

仕事の合間を縫ってボクシングの練習をされています。

年齢は2018年現在35歳ですので、結婚をされていて家族がいるのかと調べてみましたが、どうやら独身のようですね。

ですので家族は、両親ときょうだい姉2人の5人家族だと思われます。

しずちゃんは芸人として活躍されボクシングもされていて有名ですが、長女の忍さんも元陸上選手なんだとか!

家族でアスリートとですので身体能力の高い家族なんでしょうね。

姉であるしずちゃんもかなりの身体能力でボクシングの他にもサッカーや陸上競技(砲丸投げ)なそされており、持久力もあり足まで早いそうです。

山崎晴信さんは現在は独身のようで、ボクシングに挑戦されていますね。

活躍されて有名になれば、素敵なお嫁さんが来られるか、もしかしたらお付き合いされている人がいるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

初戦は市川友也で秒でTKO負け!

引用|http://apollogym.net/wp/category/boxer/

名前:市川友也(いちかわともや)

生年月日:1996年9月26日

所属:アポロジム

階級:ミドル級  構え:右

山崎晴信さんは市川友也(いちかわともや)にデビュー戦、開始26秒TKO負けしてしまいました。

ゴング早々、ワンツーの右ストレートをまともに食らってダウンをなんとか立ちあがりましたが、直後に再び右ストレートをくらいレフリーストップとなってしまいました。

山崎晴信さんは「何もできなかった」と呆然としてしまいましたが、試合直後の控え室で仕事で来られなかった、しずちゃんから電話で「練習と試合は全然違う。いきなり相手がガンガンくると思って練習せなあかん」と言われ激励されました。

まだデビューしたばかりですので次こそは初勝利に向けて頑張って欲しいですね。

デビュー戦の対戦相手は、同じく初陣の市川友也選手で年齢は22歳で現役の大学生でした。

一回り以上違う選手でしたが残念な結果になってしましましたね。

デビュー戦の結果を生かし今後の活躍に期待したいですね。

関連記事はこちら↓

佐藤緋美(さとうひみ)さんが初舞台で俳優デビューを果たしています。 佐藤緋美さんの両親は浅野忠信さんを父親に歌手のCHARAさ...

最後に

山崎晴信さんは南海キャンディーズのしずちゃんの弟で現在はボクシングでプロデビューをしデビュー戦で負けてしまい残念な結果でした。

お姉さんのしずちゃんと同様に体格もよく身長も182cmと大柄でした。

ボクシングを始めたきっかけは健康管理とありましたが、少なからずしずちゃんの影響もあったと思います。

プロに挑戦されたのも年齢制限がボクシングにあり34歳までだったので挑戦されたともありました。

仕事は、介護の仕事を週5回されているそうで、合間を縫ってボクシングの練習をされていました。

きょうだいはスポーツで活躍されていて長女のお姉さんは元陸上選手でした。

晴信さんとしずちゃんの身長が180cm超えなのは父親も大柄な人だったそうです。

山崎晴信さんの現在の結婚などの情報はなく、おそらく独身なのではと思われます。

デビュー戦では負けてしまいましたが今後の活躍に期待したいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク