豪華寝台列車トランスイート四季島(しきしま)の料金やコース(ルート)は?クルーズトレインの車内や口コミは?

JR東日本から「トランスイート四季島(しきしま)」が登場して人気になっているそうです。

「トランスイート四季島(しきしま)」は超豪華寝台列車です。

「トランスイート四季島」の登場で「トワイライトエクスプレス 瑞風」「ななつ星 in九州」で3大豪華でクルーズトレインと言われています。

クルーズトレインは贅沢な寝台列車となっており決まったルート(コース)周り、走る高級ホテルの様な感じですね。

「トランスイート四季島」は2017年春に登場し徐々に人気が出てきてます。

しかし、豪華寝台列車と聞くと料金なども気になりますし一体どんな列車なのかも気になります。

実際に乗った人の口コミや意見なども一緒に調べて見ました。

ではさっそく♪

スポンサーリンク

トランスイート四季島はどんな列車?

トランスイート四季島は2017年春にJR東日本から登場したクルーズトレインです。

「深遊探訪」をコンセプトとしています。

色濃く変わる四季のうつろいと、今までにない体験や発見を通じて、まだ知らないことがあったという幸福を実感していただきたい。
そんな想いをこのメッセージに込めました。

上野駅出発し北は函館までの運行コース(ルート)などがあり東日本を堪能出来ます。

列車内は高級ホテルのような感じになっていて、ラウンジやダイニングがあり先頭車両と最後尾車両に展望車両があり開放感溢れる窓からダイナミックな車窓を楽しめるそうです。

ダイニング車両では、東日本や北海道など沿線各地で採れる旬の食材を使った料理を提供されています。

トランスイート四季島は運行時期が決まっていてコースや日程が決まっています。

高級寝台列車ですので気になるのは寝台車両のお部屋ですね。

トランスイート四季島の客室

まるで高級ホテルのような仕上がりになっているトランスイート四季島ですが客室も贅沢な作りになっています。

客室のタイプは3つあります。

・スイート
・デラックススイート(フラットタイプ)
・四季島スイート(メゾネットタイプ)

全ての客室がスイート以上になっていて、四季島スイート(メゾネットタイプ)にはヒノキ風呂になっています。

車両は10両編成ですが定員数は34名となってます。

展望車両が前後のにあり、ダイニング車両と客室車両になっています。

さすが豪華寝台列車で走る高級ホテルですね。

定員34名ですので1車両に4名ということになりますね!

さすが豪華寝台列車で贅沢な作りになっています。

トランスイート四季島のルート(コース)

トランスイート四季島は年間を通じて運行するコースと東日本エリアの季節を楽しめる「東日本の旬」コースがあります。

3泊4日コース(春〜秋)

3泊4日コースは、上野を出発し、日光、函館、道南に行き日本海側を縦断し上野に戻ってくるコースになっています。

一番日程の長いコースですね。

四季折々の風景がたのしめ自然との暮らしや文化にふれれるコースになっているようです。

1泊2日コース(春〜秋)

1泊2日コースは、上野を出発し、甲州、信州、そして会津と巡り、東北本線を南下して上野に戻ってくるコースです。

1泊2日ですが、里山や棚田、ぶどう畑などの風景やその土地の工芸品など楽しめるようになっています。

ワインを学び、味わい尽くすことが出来てコンシェルジュが同行してワインを楽しめるコースにもなっているそうです。

2泊3日コース(冬)

2泊3日コースは、上野を出発し、宮城、青森・弘前へ行き、3日目は鳴子温泉で朝を迎え、東北本線を南下して上野に戻ってくるコースです。

東北の冬を感じるコースになっていますね。

東日本の旬コース

東日本の季節や旬をたのしめる季節のコースになっていますね。

夏の2泊3日コースと早春の2泊3日コースとありました。

夏の2泊3日コースは伝統的な文化に触れる旅になっていて花火大会やユネスコ無形文化遺産に登録されているまつりなど東北地方の夏を感じるコースになっていて、日本三大霊場の一つである恐山の訪問なども出来るそうです。

早春の2泊3日コースは日本の早春の絶景を鑑賞出来る旅で、梅の花や軽井沢でフラワーアレンジメントの体験など東日本の早春を体験出来るコースになっています。

どちらのコースも出発日によって下車観光が変わってくるそうです。

しかし気になるのがお値段ですね。

スポンサーリンク

トランスイート四季島の金額は?

やはり一番気になるのが料金ですね。

高級寝台列車で全ての客室がスイート以上の客室になっています。

3泊4日コース
四季島スイート(メゾネットタイプ)

2名1室|¥940,000〜¥950,000
1名1室|¥1,410,000〜¥1,425,000

デラックススイート(フラットタイプ)

2名1室|¥890,000〜¥900,000
1名1室|¥1,335,000〜¥1,350,000

スイート

2名1室|¥740,000〜¥770,000
1名1室|¥1,110,000〜¥1,155,000

1泊2日コース

四季島スイート(メゾネットタイプ)

2名1室|¥450,000
1名1室|¥675,000

デラックススイート(フラットタイプ)

2名1室|¥400,000
1名1室|¥600,000

スイート

2名1室|¥320,000
1名1室|¥480,000

コースによっても変動がありますが大体このくらいの料金でした。

申し込みは8ヶ月から11ヶ月前で応募が多い場合は抽選になり書面での通知になっているそうです。

トランスイート四季島の口コミは?

夢のような4日間だった」

「食事や車両が従来にはない空間だったし、沿線の方が歓迎してくれたのも良かった」

「再びできないような体験ができた」

「東北の桜がとてもきれいだった」

「食事や車両そのものに驚きがあった」

「感動的で中身の濃い4日間だった」

ものすごく楽しみにしていた。行く先々で温かく迎えてもらった」

狭いけど使い易い様には工夫されてました。室内にはiPad。車内案内や、予定、クルー名簿、果てはクルーを部屋に呼ぶのもこのiPad一つですべてできます。最後の2枚は客室の壁に埋め込まれている会津塗りのパネルと、三条錫器を模した鉄板。装飾も見事です!

あまりに楽しい二日間が終わってしまいました

スポンサーリンク