柴田章吾(元巨人投手)の難病(ベーチェット病)と現在の仕事は?結婚や子供はいるの?




今回は、元プロ野球選手で巨人投手の柴田章吾さんについて調べてみます。

柴田章吾さんは、1万人に1人の難病と闘った高校球児として日テレ『衝撃のアノ人に会ってみた!』に出演されています。

高校球児だった柴田章吾さんは、難病を乗り越えて見事プロ野球入りされ、難病を乗り越えた奇跡や、病気は一体どんな病気だったのとても興味があります。

そして、柴田章吾さんは現在は、プロ野球選手ではないようで、今の職業や彼女や結婚・子供がいるのかも気になりますね!

難病を乗り越えた奇跡や、柴田章吾さんの現在についてあれこれ調べてみました。

では、さっそく♪

スポンサーリンク

柴田章吾(元巨人投手)プロフィールは?

引用:https://matome.naver.jp/

名前:柴田章吾(しばたしょうご)

生年月日:1989年4月13日

出身:三重県いなべ市

職業:元プロ野球選手(背番号019 投打:左投げ左打ち ポジション:ピッチャー)経営/ITコンサルタント

柴田章吾さんは愛知県名古屋に生まれていますが、妹が生まれたのをきっかけに家族は、三重県いなべ市に移られています。

野球を始めたのは、小学校2年生からで家の近くで遊んでいたら少年野球チームに誘われ、試しにボールを投げてみたら褒めてもらえ、そのことが嬉しくて野球を初めています。

その後、野球を続け小学校6年生で硬式野球のボーイズリーグに移り全国優勝されています。

チームエースで4番だった柴田さんは中学進学後も野球を続け、中学3年で日本代表にも選ばれていました!

しかし、海外遠征前に柴田さんの体に異変が起こりました。

突然ものすごい腹痛に襲われ、病院では胃腸炎と診断されましたが、その後も症状は悪化し、高熱や口内炎ができ検査の結果、厚生労働省指定の難病「ベーチェット病」と診断されてしまいます。

柴田さんは、即入院を迫られ野球どころではなくなり、日本代表も辞退されていました。

病気のせいで中学3年の1年間は半分程度しか学校に通うことが出来なかったそうです。

しかし、柴田さんは病気で野球を諦めることはなく、病気で野球が出来なくなったことで、逆に『野球をやりたい』という欲求が強くなりプロ野球選手への憧れ、甲子園出場の夢に向かって高校3年間で『絶対に野球をやろう』『挑戦して死ぬんだったら本望だ!』と覚悟を決め、高校野球の名門の愛工大名電に進学されます。

本当に野球が好きで諦めることが出来なかったのでしょうね。。。

愛工大名電に普通科のスポーツコースに特待生として進学しましたが、入学当初は野球部での練習は禁止され体育の授業も欠席されていましたが、周囲には病気のことを言われてはいなかったそうです。

野球部のチームメイトにはベーチェット病のことは言ってもわからないと思い、あえて伝えてはいなかったですが、病気だとは周りは察していて配慮はあり、監督も相談に乗ってもらい、みんなと同じ練習メニューではなく柴田さんの体調に応じた練習メニューを作ってくれたそうです。

監督や野球部の仲間から支えられ、2年生のころから試合に出れるようにまで回復し、3年生の時にはエースとしてマウンド立てるまでになりました。

そして、高校生最後の夏に甲子園に出場する夢が叶うことになりました。

勝利することは出来なかったですが、高校卒業後は明治大学に進学し2011年のドラフト会議で育成3位で読売ジャイアンツから指名をされプロ野球選手となります。

しかし、プロ野球で3年間挑戦しましたが、一度も1軍のマウンドを踏むことも出来ず2014年に戦力外通告を言い渡され引退されています。

柴田さんの抱えている難病『ベーチェット病』は完治しない病ですが、大学時代からプロ野球選手を引退するまでに一度も症状は出なかったそうです。

スポンサーリンク

柴田章吾の難病(ベーチェット病)とは?

柴田章吾さんの難病『ベーチェット病』は原因不明の慢性疾患で自己免疫疾患の一つなんだそうです。

症状は次の通りです。

典型的な初発症状として、口腔粘膜の再発性アフタ性潰瘍を発症することが多く、口唇、頬粘膜、舌、歯肉、口蓋粘膜に円形の境界鮮明な痛みを伴う潰瘍を生じる。

主症状
本症に特徴的とされる症状で、疾患の初期に起こり、しばしば寛解・再燃を繰り返す。

口腔粘膜のアフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状、眼症状の4つの症状を主症状とする慢性再発性の全身性炎症性疾患。副症状として消化器症状、神経症状、血管炎症状などが出現する場合があり、再燃と寛解を繰り返す病気。

引用:https://ja.wikipedia.org/

柴田さんの初期症状は腹痛で胃腸炎と診断されその後検査の結果、厚生労働省指定の難病である「ベーチェット病」診断されています。

完治しない病気ですが、柴田さんは夢を叶えてさらに新た夢を叶えようとされていました。

柴田章吾の現在の仕事は?

引用:https://entrenet.jp/

柴田さんは、戦力外通告からプロ野球選手を引退されていましが、その後球団職員としてジャイアンツアカデミーのコーチとして、子供達の野球指導をされていましたが、学生時代にやりたかった就職活動をはじめ外資系総合コンサルティング企業のアクセンチュア株式会社に転職し経営/ITコンサルタントとして活躍されています。

そして今でも野球に携わっているようです。

現役引退から球団職員まで時間があり、当時イギリスやフィリピンに行かれて野球のコーチをされながら英語を学んでいたのです。

そのことがフィリピンで噂が広がりフィリピンの日本人学校で野球教室をやってほしいと頼まれ依頼が来るようになったようです。

そして、同国開催の10歳以下の全国大会でコーチをするまでになられていました。

柴田さんは将来的には海外で働き、メジャーリーグの経営に携わることを目標にされていているようです。

スポンサーリンク

柴田章吾の彼女や結婚、子供はいる?

柴田省吾さんは現在30代ですが結婚されているのか調べたところ結婚されているか情報はありませんでした。

現在は、まだ夢の道半ばのような感じですが、とても素敵な方なので、彼女がいてもおかしくないですね。

海外を目標にされているので、現在は仕事を優先されているのかもしれませんね( ^ω^ )

将来結婚されたら素敵な家庭で、良い父親になれるでしょうね^ ^

最後に

今回は、一万人一人の難病と戦い、高校野球に出場されそしてプロ野球選手となった柴田章吾さんについて調べてみました。

少年時代からエースとして活躍されていましたが、中学3年の時に難病・ベーチェット病と診断されてしまいましたが、野球を諦めることなく続け甲子園出場を果たしています。

プロ野球選手としては1軍では活躍出来ませんでしたが、難病と戦いながらの活躍はとても凄いことだと思います。

引退後は球団職員として働かれていましたが、外資系コンサルティング会社で、経営/ITコンサルタントとしても活躍されています。

そして、さらなる夢もありメジャーリーグの経営に関わりたいとありましたが、柴田章吾さんであればその夢もすぐに叶えることが出来るでしょうね。

今後の柴田さんの活躍を応援したいと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事



スポンサーリンク







スポンサーリンク