扇風機おばさんの元の顔が美人なのに整形依存の理由や原因、死因は?高須クリニック医院長との関係は?




今回は、扇風機おばさんことハン・ヘギョンさんについて調べてみます。

韓国で扇風機おばさんと呼ばれているハンヘギョンさんは、整形手術を100回以上繰り返し 見るも無残な姿になり顔が扇風機のように晴れ上がりそう呼ばれるようになりました。

日本でも扇風機おばさんは、テレビなどによく出演されていました。

扇風機のように腫れ上がった、顔を高須クリニックの院長が手術されたことも過去に話題になりました。

しかし扇風機おばさんは2018年に 亡くなられています。

扇風機おばさんの亡くなった年齢は57歳と若く、死因は整形と関係あるのか気になります。

そして扇風機おばさんは整形を繰り返していますが、元の顔はとても美人であったのになぜ整形手術を繰り返したのでしょうか?

扇風機おばさんが整形依存になった理由や原因死因などあれこれ調べてみました。

では、さっそく!

スポンサーリンク

扇風機おばさんとは?

名前:ハン・ヘギョン プロフィール

生年月日:1962年/月/日(享年57歳)

出身:韓国

日本でも話題になった扇風機おばさんことハンヘギョンさんは、整形手術を100回以上繰り返した上に、自ら顔や頭に食用油を注射し、体とのバランスがおかしくなるぐらい顔が腫れ上がり扇風機おばさんというニックネームがついてしまいます。

扇風機おばさんとしてテレビなどに取り上げられ、日本でも話題になりました。

ハンヘギョンさんは扇風機おばさんと呼ばれる前は歌手を夢見て大阪で暮らしていましたが元の顔はとても美人でした。

なぜハンヘギョンさんは美人なのに整形を繰り返すようになったのでしょうか?

扇風機おばさん元の顔が美人なのに整形依存の理由は?

扇風機おばさんこと、ハンヘギョンさんは元の顔はとても美人です。

ハンヘギョンさんは 歌手を夢見て大阪で暮らしていましたが、30歳の頃に整形手術をされています。

歌手を夢見ていましたが、夢を掴むことができず もっと綺麗にならなければという思いで整形を繰り返すようになってしまいました。

整形手術をするのに、まっとうな医者に頼まずに闇医者に整形手術を頼んでいます。

整形を繰り返すうちに、自分でも顔に注射をするようになり、食用油などを顔や頭に注射されるようになります。

整形手術は依存性が高く、ゴールが見えないため間違った方向に進んでしまう人も多いようです。

扇風機おばさんも整形依存になり、綺麗になることよりも注射を繰り返すことをが目的となってしまったのようです。

そして美しかった顔が、見るも無残な扇風機のような顔になってしまいました。

自分の美貌に満足せずに、さらなる美を求め間違った方向に進んでしまったのでしょうね。

韓国や日本で話題になった扇風機おばさんは、 57歳という若さで亡くなられています。

亡くなった原因に整形手術は関係しているのでしょうか?

死因について調べてみました。

スポンサーリンク

扇風機おばさんの亡くなった原因は?

2018年12月に亡くなられた扇風機おばさんことハンヘギョンさんの死因について、明らかにされていません。

一部で、担当された医師によると死因は顔の異物が肺に流れ込んだのが原因と言われているそうです。

しかし日本の医師の見解では顔に入れた異物が肺に流れるということはないと言われている人もいますが死因は分かっていません。

闇医者で手術を繰り返し、自分で食用油や工業油、工業用シリコンなどを顔に注入されていますし、異物を取り除くための手術を韓国の病院で17回繰り返しその後日本で、手術もされています。

こんなに手術を繰り返したりしていますので、整形手術によって何らかの原因があってもおかしくはないですね。

追記

仰天ニュースでヘギョンさんのお姉さんが、生前の様子を語っていました。

なんとヘギョンさんは、顔の異物を取り除く手術を受けたにも関わらず、また異物(ベビーオイル・グリセリン)を顔に注射されていたようです!

精神科に通われ、治ったように見えていましたが、克服されていなかったようですね。

高須クリニック医院長との関係は?

高須クリニックの高須克弥院長と扇風機おばさんの関係は、 高須院長が 手術を行い交流があったそうです。

高須院長が昭和大学の形成外科眼科美容外科でボランティアで大量に注入されていた異物を取り除き視力を阻害してた物質を除去する手術を行い、生活できるようにしてあげたそうです。

高須院長は扇風機おばさんとの関係について「扇風機おばさんは僕とカラオケが大好きでした。僕に感謝していました」とコメントされています。

ハンヘギョンさんは日本での手術の術後は、後遺症もなく亡くなる前は、協会の売店でボランティアで働かれていて快適に生活ができていたそうです。

今回は桑田真澄さんの次男の桑田将司さんことMatt(マット)さんについて調べてみます。 桑田真澄さんといえばPL時代の桑田真澄...

最後に

今回は扇風機おばさんことハンヘギョンさんの整形依存や死因について調べてみました。

美しくなりたいと願う女性は多いですが、間違った方向に進んでしまうと整形依存になってしまったりしますね。

ハンヘギョンさんも整形依存に苦しみ、見るも無残な姿になり扇風機おばさんと呼ばれるようになっていました。

韓国や日本のメディアに取り上げられ、有名だったハンヘギョンさんは2018年12月に亡くなっています。

死因については明らかにされていませんが、過度な整形手術や自分での異物の注射などがもしかしたら原因になっているのかもしれません。

元の顔が美人だったのに整形依存になってしまうとは、とても残念ですね。

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

関連記事



スポンサーリンク







スポンサーリンク