佐藤優希(大工)イケメンですごい!経歴・彼女は?技能五輪金賞で次世代を担う!(ナカイの窓)

「ナカイの窓」に第55回技能五輪全国大会で金賞に輝いた日本一の大工の佐藤優希さんが出演されます。

番組で佐藤優希さんはイケメン大工さんと紹介され大工の華麗な技も披露されるそうです。

そして佐藤優希さんは大工さんのイメージも変えたいと言っています。

大工さんのイメージと想像するとちょいワルな感じでガテン系でニッカポッカな感じのイメージですね。

ちょいワル=ヤンキーだったり少し怖いイメージもありますね。

イメージを変えたいと言っている佐藤優希さんはイケメン大工として紹介されていますし技能五輪大会で金賞にも輝いいているのでインテリイケメン大工と言った感じですかね?

そんなインテリイケメン大工の佐藤優希さんを調べて見ました。

スポンサーリンク

佐藤祐基さんはどんな人?

1996年1月生まれの現在22歳(2018年現在)です。

2017年に行われた第55回技能五輪全国大会、建築大工部門で金賞に輝いています。

技能五輪全国大会とは若い様々な技能者が日本一の技能を競う技能大会です。

全国大会の出場選手は各都道府県職業能力開発協会を通して選抜され原則23歳の若い次世代を担う技能者の大会になっています。

役40種類の技能があり佐藤さんが出場した建築大工の職種には全国から選りすぐりの若手大工さんが95人参加しています。

参加資格で予算を兼ねた建築大工職種の技能検定2級を成績上位で合格し全国大会の出場資格を得ました。

大会前には仕事の休みの日や現場がない日に練習に取り組み見事、初出場で最高賞の金賞を受賞しています。

新潟県では9年ぶりの受賞者で新聞など取り上げられてました。

目標だった日本一になりこれからの仕事にも自身が持てたそうで和室などの日本風の建築の現場などを経験したいとも言われています。

この時点で大工さん対するイメージが変わりますね。

私の勝手なイメージですがちょいワルなガテン系なイメージが変わりました。

そして、技能五輪全国大会では国際大会の派遣選手選考会もかねているそうで技能五輪全国大会で金賞をとった佐藤優希さんも国際大会に出場するのかもしれませんね。

佐藤優希さんが大工の道に進んだきっかけは同じ大工として活躍している父親の背中をみて自身も幼い時から「大工になりたい」と思っていたそうです。

父親の背中をみて大工になったという事は佐藤優希さんど父親も立派な大工なんでしょうね。

息子さんが自分の働く姿をみて同じ仕事をしたいとは父親も嬉しいことでしょうね。

新潟市内の西蒲原高等職業訓練校卒業し父親の知り合いの近藤工務店に入社しています。

今回の「ナカイの窓」の出演も佐藤優希さんの実力が認められての出場となったのでしょうね。

佐藤優希さんはイケメン大工

「ナカイの窓」の出演でもイケメン大工として出演されます。

なかなかのイケメンですね!

大工さんでいるのがもったいないですね(笑)

仕事も大工さんですが大工さんのイメージと違いインテリイケメン大工ですのでさぞモテるのでは?と思います。

彼女はいるのか気になりますがSNSに誕生日のお祝いを彼女さんらしき人とお祝いしていたので彼女がいるのかな?と思います。

今回の「ナカイの窓」の出演により注目されますのでイケメン大工さんとしてテレビでの活躍もされるかもしれませんね。

ファンなどもできるのでは?

佐藤優希さんの活躍を期待したいですね。

スポンサーリンク

大工の収入は?大工になるには?

大工なるには佐藤さんのように建築関係の学校に出て就職し技術を学び自身でも努力や勉強し一人前になって行きますね。

大工になるには特別な資格や条件などは特にはいらないそうでうが大工の技能を示す資格として佐藤さんも取得されている「大工技能士」という資格が1〜3級まであります。

大工を名乗るのに必要な資格ではないのですが大工としての技能がどれくらいあるのかを示す資格になています。

実際に受験する際にも実務経験が必要になります。

一般的に一人前の大工として認められるには最低でも3年以上の経験が必要とも言われているそうです。

就職先などは主に工務店などになりますが大小さまざまな工務店があり一人親方でやっている人もいれば会社形態でやっている所もあります。

会社形態でも数名しかいない小さな企業もあれば事務員や多部署がある比較的大きな組織もあります。

これらの工務店に勤務し初めは親方の手伝いをしながら経験を積んでいき技術を習得して行きます。

しかし大工は職人ですし日々技術を習得して行かなければなりません。

そのため厳しい下積み時代を経験し現場を任されれたりされます。

職人は職人の世界があり一般的な仕事よりも厳しく感じることも多くあるそうです。

大工の収入は

大工の収入は経験や能力によって大幅に変わります。

未経験者の場合は大工の見習いとして就職する事になりますの月収15万前後になる場合がほとんどです。

経験や能力を高めていき一人前になれば月収30万以上になる事も可能です。

年収全体を見ると300万程度になっていますがこれは見習いからベテランまで含めて数字になりますので大きな開きがあります。

ベテランの中には年収1000万を超える人もいるそうです。

経験や能力によっては一般的なサラリーマン平均年収より上回る事が十分できる職業ですね。

収入の良い大工の中には特殊な技能の宮大工などもあったり、経営者として独立したりする方などもいますので向上心次第では大きく収入を伸ばす事もできる事が職業の魅力と思いえます。

しかし未経験者の段階では少しつらい給料事情でもあります。

新人での入社になると専門的な作業は最初からはさせてもらえず主に雑務などを中心に担当する場合が多く給料が非常に少ないこともあります。

肉体的にも時間的にの拘束される場合も多く時給に換算した場合など一般的なアルバイト並である事も珍しくありません。

そのためハローワークや労働安全監督署に相談が寄せられることもあり、若者を中心とした未経験者の応募が現象させる一因にもなっています。

このような状況もあり人手不足に困っている工務店も多く将来の次世代の大工がいなくなってしまうという業界の懸念材料ともなっています。

この状況を解決するために、業界全体で未経験者に対する教育制度や給与事情も改善させる工務店も増えて来ています。

少子化なども懸念材料ですので外国人などを雇い入れる工務店もあります。

ですので佐藤優希さんのように大工としてのイメージを変えて行動され影響を受けて大工になりたいと思う若者が増えると業界自体の活性化にも繋がりますね。

佐藤優希さんのこれからにも期待したいですね。

関連記事はこちら↓
木原武義の日本食レストランが閉店の危機!?トレジャーハンターに転身?(世界ナゼそこ日本人)

まとめ

「ナカイの窓」に出演されれる佐藤優希さんは技能五輪全国大会に初出場で金賞を受賞された経歴があり若手大工として活躍されています。

大工に対するイメージも変えたいと「ナカイの窓」に出演されていまして業界の次世代を担うホープとも言えますね。

しかもなかなかのイケメンですので大今回の出演で人気が出るかもしれませんね!

しかし大工になるには地道な経験がないと難しいですし簡単では無いのかとも思います。

業界全体が人で不足の傾向もあるようで佐藤優希さんのような志しがある若い方が感化され増えて行くと良いですね。

これからの佐藤優希さんの活躍に期待したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク