楽茶陶房ちゅららのぶくぶく茶やパグに会うには?場所はどこ?(どうぶつピース)

沖縄にある「楽茶陶房ちゅらら」と言う音楽と陶芸と琉球茶道を提供するカフェ兼陶芸教室が「超かわいい映像連発!どうぶつピース!!看板ペット&王のペット2時間SP」で伝統体験と癒やしサービス!琉球茶道が体験出来る喫茶店の2匹の看板犬が紹介されます。

伝統体験と癒しサービスの内容は琉球茶道を楽しみながら二匹のパグちゃんに癒されるという事ですね。

パグ好きだけではなく動物好きであればぜひ行ってみたいですし伝統体験も気になります。

調べて見ると「楽茶陶房ちゅらら (らくちゃとうぼうちゅらら)」と言う喫茶店(カフェ)でした。

そして琉球茶道ぶくぶく茶となるものが名物だとか!

首里城から徒歩5分でいけるそうなので首里城観光のついでに喫茶店(カフェ)に寄り道なんかも良いですね。

ぜひ行ってみたいと思いましたので調べてみました。

スポンサーリンク

「楽茶陶房ちゅらら」はどんな喫茶店(カフェ)?

「楽茶陶房ちゅらら (らくちゃとうぼうちゅらら)」は那覇市にある世界遺産「首里城」から徒歩5分圏内の首里当蔵(しゅりとうのくら)にあります。

首里城の麓にある、琉球王朝時代に造られた人工の「龍潭池」からのびる石垣にそって路地に入ると昔風のまるでおばあちゃんの家にきた様な感じで夫婦2人でされていています。

工房と併設された喫茶では陶芸作家でもある店主・安岡 東生さんによるサポートを受けなが自由な陶芸体験もできると人気です。

ギャラリーもあり作品を購入することもできます。

喫茶の方は有機農法の玄米を使用した名物の「ぶくぶく茶」と有機栽培で育てた豆を使用したコーヒーも頂けます。

暑い時期には沖縄スィーツ「沖縄ぜんざい」も人気でサラサラの初雪氷で頂けます。

暑い時期の世界遺産首里城を散策して向かわれるととても良いですね。

陶芸体験も人気で予約をしておけば手びねりの陶芸体験(90分3800)で受けられるそうです。

安岡 東生さんの作品は「島の海と宇宙の青」をテーマとした「美らら焼(ちゅららやき)」や看板犬であるパグをモチーフの陶芸作品がたくさん並べられています。

そして奥様である薫さんは「琉球の茶道 ぶくぶく茶あけしのの会」の教授免許を取得していて茶道教室もされています。

二匹の看板犬もお出迎えして美味しい喫茶と陶芸体験など珍しい体験ができること間違いないですね。

場所

「楽茶陶房(らくちゃとうぼう) ちゅらら」

住所|沖縄県那覇市首里当蔵1-14

電話|098-886-5188

営業時間|10:00~18:00

定休日|火・水曜

アクセス|ゆいレール儀保駅から徒歩8分、首里城から徒歩10分

二匹の看板犬のパグがかわいい!

どうぶつピースで取り上げられ看板犬のパグちゃんたちが紹介されます。

実は店主は無類のパグ好きで女将の薫さんは「当店の一番のウリです」とパグちゃんを猛プッシュしています。

現在は二匹のパグのセコムちゃんとちゅらちゃんが看板犬としてお出迎えしてくれます。

ちゅらちゃんは沖縄っぽい名前ですがセコムちゃんは名前から看板犬のイメージより番犬のイメージがしますので接客とセキュリティー係を担当しているのでしょう。

どうぶつピースでは癒しのサービスとありますので二匹のパグに癒されることでしょう。

雑誌などにも二匹のパグは取材もあるそうで看板犬としての仕事風景などの様子を取材されていました。

そして台湾や海外からの取材も多く「楽茶陶房ちゅらら」日本だけではなく海外からの観光客も多いですね。

安岡さんはピアノの調律師をはじめ音楽などもされていてパグのセコムちゃんも音楽を聞くと歌い出してしますそうです。

かわいい動画がありました。

いかがですか?とってもかわいいく上手に歌っていますね。

こんなにかわいいパグのセコムちゃんとちゅらちゃんに是非会いたくなりますね。

スポンサーリンク

琉球ぶくぶく茶は?

かわいいパグが看板犬の「楽茶陶房ちゅらら」ですが名物喫茶の琉球作法でいただけるぶくぶく茶があります。

ぶくぶくと聞くとやはり泡ですよね?

ぶくぶく茶は幻のお茶とも言われていまして、明治から昭和の戦前まで那覇、首里周辺だけ飲まれていて、さんぴん茶、玄米、白米のブレンドしているお茶で泡のようなぶくぶくと泡だった泡と一緒に飲むお茶です。

一説には600年前からの飲まれているらしく琉球王府では客人のもてなしや祝いの席でも飲まれていたと言われています。

戦後に後継者がいなくなり幻のお茶とも言われてました。

そのぶくぶく茶を再現し沖縄ならではの琉球作法でいただくぶくぶく茶の体験などもされいます。

これは女将の薫さんがされていて、薫さんは「琉球の茶道 ぶくぶく茶あけしのの会」教授免許を取得していてますのでかなり本格的な体験ができます。

「ぶくぶく茶体験コース」は、体験は事前予約制になっています。

沖縄旅行に行って撮影もすればインスタ映えは間違いないですね!

関連記事はこちら↓
【東筑波ユートピア】寄付やボランティア募集で出来る事はある?正社員なれば猿貸し出し!?

まとめ

どうぶつピースで紹介されたかわいいパグちゃんに会える喫茶店(カフェ)はパグ好きの店主の安岡 東生さん、薫さんが営む「楽茶陶房ちゅらら」でした。

音楽と陶芸と琉球茶道でぶくぶく茶が楽しめる喫茶店で日本だけではなく海外からも注目もある喫茶店(カフェ)でした。

喫茶メニューもこだわりがあり美味しいコーヒーなども楽しめ、二匹のとてもかわいい看板犬がお出迎え、接客をしてくれます。

陶芸教室やギャラリーなどもあり色々やっているカフェでした。

是非沖縄に行った際は立ち寄りたい場所の一つですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク