奥野敦士(ローグ)と桜井和寿の関係は?転落事故から今現在は結婚しバンド再結成!過去にストーカー被害!?

今回は、奥野敦士(おくのあつし)さんについて調べてみました。

奥野敦士さんは、80年代に絶大な人気を誇ったロックバンド「ROGUE」(ローグ)のメンバーでした。

バンドは一時解散しましたが、再結成し活動を再開されています。

しかし、奥野敦士さんは過去に不慮の事故により半身不随となってしまっています。

そして、事故後に奥野敦士さんは結婚もされて、「ROGUE」(ローグ)を再結成し音楽活動をはじめコンサートなどもされています。

奥野敦士さんが主催するライブには、氣志團の綾小路翔さん・布袋寅泰さんROTTENGRAFFTY(ロットングラフティー)・ACIDMAN(アシッドマン)・Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)・BRAHMAN(ブラフマン)などなどいずれもロックフェスの重鎮たちが出演されています。

歌手で俳優の斎藤工さんは、奥野敦士さんのシングルのカバーもされています。

そんな奥野敦士さんは80年代伝説のロックスター悲劇の人生として「爆報!THE フライデー」にMr.Children(ミスター.チルドレン)桜井和寿が尊敬してやまないロックスターOとして出演さています。

奥野敦士さんは病院の施設で壮絶なリハビリ生活を乗り越え今現在は再び活動されていますので大変な苦労もあったと思います。

そんな奥野敦士さんのことを調べてみました。

では、さっそく♪

スポンサーリンク

奥野敦士さんのプロフィールや経歴は?

名前:奥野 敦士(おくのあつし)
生年月日:1963年6月25日
年齢:55歳
出身地:群馬県前橋市
職業:ヴォーカリスト、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー

1985年、ROGUEのヴォーカリストとしてキングレコードよりデビュー。
1990年、ROGUE解散。
1991年、映画「TVO」出演。
1992年、初のソロアルバム「Brand New Story」をフォーライフよりリリースしソロデビュー。
1997年、東京メンズシャンソンズ結成。
1998年、映画「大怪獣東京に現わる」出演。
1999年、世良公則とシナプスを結成。
1999年、ドラマ「富江 恐怖の美少女」出演。
2001年、映画「岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 episode-1」出演。
2004年、樋口豊とWild Wise Apesを結成、アルバム「3rd world」リリース。
2006年、映画「ラブレター 蒼恋歌」出演。
2008年9月、アルバイトの解体現場で、屋根から落下して脊髄を損傷。半身不随となる。
2012年7月、リハビリ中に発信したツイッターの発言がまとめられた本「いろいろあるさ 生きてっからね」(実業之日本社)を発売。
2013年10月19日、グリーンドーム前橋「GBGB2013」でROGUE再結成ライブを行う。
2015年1月27日、一般女性(12歳年下)と入籍[1]。1月31日、25年ぶりのROGUE東京公演を行った[2][3]。4月25日、ソロアルバム「ロックスターよ歌ってくれ!」をリリース。
引用:https://ja.wikipedia.org/

「ROGUE」は80年代後半のバンドブームも立役者の1組で過去には、武道館公演やニューヨークのライブハウス、CBGBの出演もされています。

BOOWY(ボーイ)、BUCK-TICK(バクチク)と並んで群馬出身三大バンドとして活躍されていました。

「ROGUE」は日本武道館で行われた単独ライブで8000人を動員し伝説のバンドと言われています。

1990年に「ROGUE」は解散されますが2013年に再び再結成されます。

奥野さんは「ROGUE」解散後は、ソロとして活動され、俳優としても活動されていましたが、不慮の事故により半身不随となってしまいます。

半身不随となって下半身が全く使えなくなり歌を歌うために必要な腹筋も麻痺してしまし、話すこと自体も困難な状況になってしまいます。

しかし、壮絶なリハビリを乗り越え、感覚がなくなってしまった腹筋を動かしながら歌う術を身につけます。

そして、半身不随になってしまった後にバンドは再結成されていますが、そこにはMr.Childrenの桜井和寿さんが関係していました!

スポンサーリンク

奥野敦士さんとミスチル桜井和寿さんの関係は?

奥野さんが壮絶なリハビリを乗り越え再び歌えるまでになり、その歌声や姿をYouTubeに投稿されました。

そのYouTubeに投稿した動画を見つけ、桜井さんの行っていたフェス「apbank fes」で熱く語り紹介。

「ROGUE」の代表曲「終わりのない歌」を歌い全国の「ROGUE」ファンや「ミスチル」ファンが知ることになりました。

最初のフェスでは映像で出演でしたが、4年後に同じステージで共演されています。

このことがきっかけで「ROGUE」は再結成します。

奥野敦士さんが「ROGUE」を再結成した理由は?

「ROGUE」が1990年に解散した理由は、奥野さんの一方的な理由で、奥野さんはソロ活動をすることに頭が一杯になり一方的に「ROGUE」解散されたそうです。

バンドのメンバーとは、決別し奥野さんはソロの活動をはじめ、バンドのメンバーとは顔を合わせても一切口を利かなかったそうです。

奥野さんはソロ活動を始め、俳優としても活躍されましたが、次第に人気に陰りが出てき、仕事が減って行きました。

奥野さんは、厳しい現実を思い知らされ、次第に生活が荒れていきました。

その生活は毎晩のように飲む生活になり、その中でバンドの仲間が次第に恋しくなったそうです。

その頃、バンドのメンバーであった香川誠さんが何気なく「ROGUE 」の再結成を考え、奥野さんに連絡しました。

奥野さんは、香川さんから連絡を受けて、再結成のために荒れた生活から脱却したいと思い、生活を一変させます。

その頃は、人気もなくなりソロとしての活動もなく、昼は解体業の仕事を始め夜は、曲作りをされ再びライブに向けて精を出していました。

しかし、奥野さんは解体業の仕事中に高さ7mの屋根からコンクリートの床に転落し、脊髄を損傷し半身不随になってしまいました。

奥野さんは、脊髄損傷のため胸から下が全く動かずトイレにも行けない生活になってしまいバンド再結成は無くなってしまいました。

バンドのメンバーで再結成を言い出した香川さんも再結成を言い出さなかったら奥野さんがこんな目に合うことは無かったと自身をせめていました。

奥野さんも再結成が自分のせいで出来なくなったことを香川さんに申し訳なく思っていました。

奥野さんは、胸から下が感覚がなく腹筋も思うように動かせず歌を歌えない状況でした、壮絶なリハビリを乗り越え、ついに歌えるまでになります。

そして、その歌う姿をyoutubeで配信しミスチルの桜井さんが自身のフェスで奥野さんのことを紹介します。

「apbank fes」では、桜井さんは奥野さんとの共演を望んでいいましたが、奥野さんの体調が優れなかったので、映像のみの出演となりました。

しかし、このライブを偶然目にした香川さんは奥野さんが、歌えることに気づき奥野さんの元へ向かい「奥野 ROGUEを再結成しないか」と再び声をかけたのです。

奥野さんは嬉しさもありましたが、不安もありましたが、香川さんを裏切りたくない気持ちで再結成を決めました。

そして、2013年の10月に「ROGUE」を再結成させコンサートを開催されます。

再結成を記念「ROGUE」はCDも発売し活動を再開されています。

スポンサーリンク

奥野敦士さんの結婚した奥さんは?
奥野敦士さんストーカー被害にあっていた!?

次のページへ