岡崎玲子は英検1級12歳で合格の神童!中学中退理由や今現在の職業や経歴を調査!




今回は、『あいつ今何してる?』で岡崎玲子さんが出演されています。

岡崎玲子さんは、『マスコミを騒がせた超天才の神童は今?』で東大の入試問題より難しいとされている、英検1級に当時最年少の12歳(小学6年生)で合格されています。

番組では追跡調査され、中学を中退されて天才ならではの進路を選択されているんだとか!

しかも、自身の人生を高校生の時に、出版社に自ら持ち込み書籍化までされているそうです!

そして、今現在の職業も凄すぎる職業についているらしいです。

当時マスコミを騒がせた神童はどのような人生で、現在の職業なども気になりますね( ^ω^ )

東大の入試問題より難しい英検1級を12歳で合格された神童、岡崎玲子さんについてあれこれ調べてみました。

では、さっそく♪

スポンサーリンク

岡崎玲子は英検1級12歳で合格の神童!

当時の記事がありました!

岡崎玲子さんは小学6年生で英検1級を合格され、当時話題になっていました。

当時は、小学生としても初めての合格だったそうで、取り上げらていました。

英検1級受験者には、大学卒業程度の英語の知識が求められ、一次試験は長文などの筆記試験があり、二次試験は与えられたテーマについて2分間スピーチなどの面接試験があるそうです。

当時は1万5千人が受験し、合格されたのは655人で合格率は、4.4%と小学生が受かったことない試験で話題になりました。

1級は、社会的な問題について自分の意見をのべるという、高度な英語力が求められ、大人が受けても難しい試験なんだとか!

岡崎玲子さんは3歳から小学1年生まで、アメリカのカリフォルニア州で現地校で過ごし、小学3年の1年間を中国のアメリカンスクールに通っていて、英語は得意だったとありました。

岡崎玲子さんは、帰国後の小学4年生のころに『自分の英語レベルを知りたい』と思い、英検3級から受け始め、半年後ごとに級を重ね見事に1級合格を12歳で合格されています。

中国のインタナショナルスクールでは、いろんな国の子がいましたが、国籍や母国語ちがっていても英語が喋れると、友達になれると言われていて、帰国後も英語を忘れないように友人と文通を続けたり、英語の新聞や小説を読んでいたそうです。

英検の勉強を特別するわけでなく、外国の音楽や映画みたり楽しみながら、英語と接する時間を作られて勉強されていました。

この当時の夢はニュースキャスターになりたいと言われていて、大学でジャーナリズムを勉強し、世界の国々の本当の姿を伝えるキャスターになりと、とても小学6年生が言われているとは、思えない将来の夢を語られていました。

このような夢を語られている岡崎玲子さんの、中学中退の理由やその後も気になります!

岡崎玲子の中学中退理由や経歴は?

岡崎玲子さんは、上記でも述べましたが、3歳から8歳までアメリカ・カリフォルニアで過ごし、中国の広州でインターナショナルスクールに1年通い、日本に帰国されています。

そして、小学6年の12歳で当時最年少で英検1級を取得されています。

その後は、公立中学校1年生でTOEFL670点、TOEIC975点を記録されています!

TOEFLの最高得点は677点でTOEICスコア900点以上は、仕事上での複雑なディスカッションや、自身の専門分野の専門書の読解ができるレベルです!

そして、2000年の15歳でアメリカ合衆国で三指に入る名門プレップスクール(寄宿制私立高等学校)、チョート・ローズマリー・ホールに奨学金付きで合格され留学されています。

このことが、岡崎玲子さんが、中学校を中退された理由です。

チョート校はジョン・F・ケネディ元大統領など各界の著名人を輩出された高校と有名なんだとか!

幼少期にアメリカで暮らした経験があるので、12歳で英検1級を合格されたのではなく、頭もかなりよかったのですね!

そして、2000年に岡崎玲子さんはこの体験を綴った作品の出版を企画し、多くの出版社に企画書を送り、処女作である『レイコ@チョート校』を出版されています。

高校生で自ら、企画し出版社に送るとは、やることが凄いですが、チョート校は学力だけではなく人間性の育成を重視したトータル教育によって人材を育んでいるそうなのでこのような考えや人間性になられたのでしょうね^^;

著書は他にもあり、『9・11ジェネレーション-米国留学中の女子高生が学んだ『戦争』』も2004年に出版されています。

岡崎玲子さんは2003年に高校を卒業されその後、早稲田大学法学部に入学されています。

さらに、卒業後はアメリカの弁護士資格取得を目指して、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の法科大学院(1年制)へ進学。

しかし、カリフォルニア州での司法試験に失敗しますが、帰国後にイラン関係のビジネスの仕事に携わりますが、再度アメリカの渡りニューヨーク州の司法試験に合格されています。

人生が凄すぎますね^^;

スポンサーリンク

岡崎玲子のその後の職業は?

岡崎玲子さんは、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験に合格し弁護士になられています。

そして、しばらくはニューヨークで弁護士て働かれていましたが、現在はオーストラリアのビクトリア州に移り法廷弁護士として活躍されています。

日本では著作家とあり、自身の著書以外にも翻訳などもされていました。

  • ソニア・シャー『「石油の呪縛」と人類』集英社新書、2007
  • ノーム・チョムスキー『すばらしきアメリカ帝国』集英社 2008
  • アーニー・ガンダーセン『福島第一原発――真相と展望』集英社新書 2012年

小学生の頃は、ニュースキャスターになりと言われていましたが、ジャーナリズムを勉強し、世界の真実を伝えたいとありましたので、弁護士という選択も理解ができますね。

最後に

今回は、『あいつ今何してる?』で岡崎玲子さんが出演されていたので調べてみました。

岡崎玲子さんは超天才の神童と言われ、当時12歳で東大の入試問題より難しいとされる、英検1級に最年少で合格されて、話題になっていました。

その後は、15歳でアメリカ合衆国で三指に入る名門プレップスクール(寄宿制私立高等学校)、チョート・ローズマリー・ホールに合格されアメリカに留学されていました。

15歳で日本の中学からアメリカの高校に行かれたので、日本の中学を中退した理由でしたね。

しかし、その後も高校生で著書を出版されたりと驚くことばかりでした。

現在はオーストラリアで法廷弁護士をされているみたいですね。

本当に凄い方でした。

スポンサーリンク

関連記事



スポンサーリンク







スポンサーリンク