中島信(なかじままこと)のプロフや鉄道好きの理由は!?マツコにおすすめロープウェイ!もはやマニアは病気?

今回は、中島信(なかじままこと)さんについて調べてみました。

中島信さんは、鉄道オタクが行きすぎて鉄道だけではなく、全国のロープーウエイまで全国制覇してしまったそうです。

中島信さんは「日本中の全ロープウェイ・ゴンドラを制覇した人は自分だけではないか」とまで言われていて、ロープウェイに関する著書(本)まで出されています。

全国を網羅した中島信さんですが、家族などはいらっしゃるのでしょうか?

そもそも、どうして中島信さんはロープウェイ全国網羅してしまったのでしょうか?

中島信さんは、もともとは鉄道好きともありましたがいろんな事が気になりました。

そして、中島信さんはロープウェイを語るべく、「マツコの知らない世界」にも出演されています。

中島信さんのおすすめロープウェイなどもありました!

そんな鉄道からロープウェイまで網羅したマニアの中島信さんのあれこれを調べてみました。

では、さっそく♪

スポンサーリンク

中島信さんプロフィール

まずは、中島さんのプロフィールです。

引用:https://twitter.com/

名前:中島信

読み:なかじままこと

生年月日:1956年10月31日生まれ

出身:東京都杉並区

学歴:日本歯科大学

職業:歯科医師・鉄道評論家

仕事は、歯科医をされています。

歯科医の傍、全国の鉄道を網羅されるなんてすごいですね!

中島信さんの経歴や鉄道にハマった理由

引用:https://news.ameba.jp/entry/20170915-1025

1983年  日本歯科大学 卒業
1997年  東京都江戸川区に矢口歯科医院開業
2004年3月放映・テレビ東京系「TVチャンピオン新幹線王選手権」準優勝

中島さんは、幼い時に杉並で育ち、近くには電車の倉庫があったそうで、その頃から他の子供より、人一倍鉄道に対する執着があったようと自身で言われています。

成長するにつれ、子供は他のものに興味を移して行く中、今日に到るまで鉄道に対する趣味に固執されています。

中島さんは、自身の性格を夢中になると他のことが見えなくなる性格と言われています。

中島さんは、鉄道好きに対して「病気」と言われていました(笑)

中学、高校時代には、足繁く北へ南へ貧乏旅行を繰り返し、大学時代には、当時の国鉄・私鉄のほぼ八割から九割は制覇されていました。

鉄道趣味には、大きく3種類あると中島さんは言われています。

鉄道写真を撮る「カメ鉄」・鉄道模型に巨費を投ずる「モケ鉄」・ひたすら乗ることにエネルギーを費やす「乗り鉄」があり、中島さんは「乗り鉄」でした。

大学卒業後には鉄道模型に夢中なる「モケ鉄」にハマったそうです。

その後、仕事や子育てが多忙になり一時中断されました。

子育てがひと段落した後に、学生時代に回れなかった路線を制覇しようと思いましたが、列車や景色が変わっていると思いもう一度乗り直すこと決意されます。

全国には、中島さんのようにJRと私鉄を前線乗った鉄道ファンはいるようで、中島さんは「他のファンと同じではつまらない」と思い、工事用トロッコ列車のように時刻表のない列車にも足を運んでいます。

30分の乗車の為に沖縄日帰りもされたそうです。

目的は、乗車することで、目的地に行って観光などはされないそうで、あくまでも路線を乗車することが目的なんですね!

そして中島さんにはルールみたいものがあり、乗車するのは仕事が休みの水曜日で、原則として日帰りだと決めています。

中島さんは「路線と景色は一体」と思い、乗車する時は窓から景色が見える昼間とも決めています。

うっかり寝てしまったりすると、乗った場所まで戻り乗り直すという徹底ぶりです。

筋金入りの鉄道オタクですね。

テレビチャンピオンにも出場されていて、鉄道評論家としてもテレビやラジオに呼ばれること多いそうです。

スポンサーリンク

中島信さんは全国のロープウェイも制覇

引用:https://nikkan-spa.jp/1425445

中島さんが全国のJR・私鉄を「全線乗車」を果たした際に、鉄道仲間から「鉄道事業法に基づけば、ロープウェイ・ゴンドラだって鉄道の一種じゃないか」と指摘されたそうです。

その言葉に、中島さんの「乗り尽くし魂」火がつき全国のロープウェイを周り出します。

そして、全国168か所のロープウェイ・ゴンドラを制覇し2010年に「日本のロープウェイ・ゴンドラ全ガイド」という本を出版され、2017年に「絶景! 日本全国ロープウェイ・ゴンドラ コンプリートガイド」を出版されています。

中島さんは、「日本中の全ロープウェイ・ゴンドラを制覇した人は自分だけではないか」と豪語されています。

鉄道ファンは多いですが、ロープーウエイまで制覇はいないのでしょうね!

そんな、ことで「マツコの知らない世界」でロープウェイの魅力を紹介されますね。

そんな、中島さんがオススメする絶景ロープウェイがありました。

中島信さんがオススメする絶景ロープウェイ

中島さんがオススメする絶景ロープウェイランキングがありましたのでご紹介します。

動画は中島さんオススメの絶景の1位の苗場-田代ゴンドラです。

3位 榛名山ロープウェイ(群馬県)

「榛名湖畔を出発し、榛名富士山頂まで登っていきます。遊覧船に乗って眺める紅葉ももちろん見事ですが、湖を見下ろしながらの景色もまた素晴らしいです。円筒状の愛らしい個性的な搬器はオーストラリア製。東急車輌製の耐震装置・リブラを備えているため、『横揺れが苦手』という人でも安心して楽しめます」(中島氏)
引用:https://nikkan-spa.jp/1425445

所在地
〒370-3348 群馬県高崎市榛名湖町845−1

営業時間
9:00~17:00(4月~11月) (のぼり最終 16:30)
9:00~16:00(12月~3月) (のぼり最終 15:30)
TEL
027-374-9238

2位 城崎温泉ロープウェイ(兵庫県)

「一両の搬器(乗り物部分)が山麓駅を出発すると、もう一両の搬器が山頂駅を出発する方式を『交走式』と言います。その交走式で日本唯一、中間駅があるのが面白いポイントです。山頂の大師山上駅からは、紅葉とともに、西日本で唯一、日本海を間近に見渡すことができます。山陰海岸国立公園にも指定されている絶景です」(中島氏)
引用:https://nikkan-spa.jp/1425445

所在地
〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島806−1
TEL
  0796-32-2530
始発・終発時刻
上り
(始:9:10 終:16:50)
下り
(始:9:30 終:17:10)

1位 苗場-田代ゴンドラ(新潟県)

「歌手のユーミンが『ドラゴンドラ』の愛称をつけたことでも有名。5482mに及ぶ全長は、すべてのロープウェイ・ゴンドラのなかで日本最長です。アップダウンも激しく、途中で急な上りから一転して下りに変わるなど、スリル満点な乗り心地と美しい紅葉を同時に楽しむことができます」(中島氏)

「いま乗るべきロープウェイ・ゴンドラ」として、あえてランク付けをしてもらったが、いずれの路線でも勝るとも劣らない素晴らしい景色が楽しめる、と中島氏。

「本格的な山登りはしんどい」という人にとっても、山頂まで一気に登り、絶景を見ることができるロープウェイ・ゴンドラはうってつけのレジャーだ。近県の路線があれば、少し足を延ばして出かけてみてはいかがだろうか。
引用:https://nikkan-spa.jp/1425445

所在地
〒949-6292 新潟県南魚沼郡湯沢町三国202
TEL
025-789-2211

スポンサーリンク

中島信さんの矢口歯科医院

引用:https://www.edogawa-jikan.com/

中島さんは、歯科医ですね。

どうしても鉄道評論家と思ってしまいますが、あくまでも鉄道は趣味ですね。

お祖父さんの代から歯科医で物心ついた頃から自然に歯科医なると思っていたそうです。

しかし、幼少期から鉄道が好きだったので車掌にもやはり憧れていました。

実際に小学校の卒業文集にも、将来の夢に「鉄道を運転したい!」と書いたそうです。

しかし、歯科医とし大学に行き、板橋区の歯科医院にて8年間勤務した後に、父親と一緒に働き現在の場所で開業されたそうです。

中島さんは歯科医として心がけていることは、

どんな時にも常に患者さんの立場に立ち、患者さんの気持ちを理解して、初心を忘れずに、思いやりをもった診療を提供していく事が大事だと考えます。
どんな小さな不安や悩みもしっかり受けとめ、患者さんの気持ちにきちんと応えていきたい

中島さんは座右の銘に「初心忘れるべからず」とありました。

確かに、幼い頃から歯医者になると思い、鉄道という趣味もブレていませんね。

中島さんは、子育てがひと段落し、鉄道の趣味を再開されていますので、ご結婚されていて、お子さんがいますね。

中島信さんの家族は?

引用:http://www.yaguchi-d.jp/

中島さんは娘さんがが2人います。

中島さんの歯科医院のホームページを見ると、スタッフ紹介に同じ「中島」という苗字の女性が、いらっしゃいました。

見た目の年齢から娘さんではないかと思います。

ということは、4代続く歯科医の家庭ですね!

娘さんは歯科医であれば、ゆくゆくは歯科医院を継ぐことになれば全国制覇2週目もできそうですね。

中島さんは全路線を制覇した費用は、年間で100万円くらいかかったそうです。

しかし、鉄道以外に趣味はなく「男のロマン」と言われていますので娘さんや家族とは趣味には関わってないのかな?っと思いました。

しかし、趣味がないより、のめり込める趣味があり、その分野で長けているので本当にすごいと思いました!

関連記事はこちら↓

今回は、ふろしき王子と呼ばれている 横山功(よこやまいさお)さんに ついて調べてみました! 横山功さんは、風呂敷に...

最後に

中島信さんは、幼い時から鉄道に興味をもち、幼少期から変わらず現在も鉄道ファンでした。

「乗り鉄」にハマり全国制覇されています。

そして、鉄道だけではなく、ロープウェイまで制覇されています。

全国に鉄道マニアやファンは多いと思いますが、鉄道とロープウェイまで制覇された人はいないと思うと言われていました。

職業は歯科医ですが、鉄道評論家としても活躍されています。

メディアなどにも出演されていて、過去には「テレビチャンピオン」に出場されていました。

中島さんは全国の鉄道ファンの間では有名みたいで、鉄道ファンのブログなどにも登場されていました。

幼い頃からの趣味を還暦すぎても好きなままってすごいなぁと思いました。

何事も長く続けると偉業を成し遂げますね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク