水無昭善(おねえ僧侶)過去のトラブルや逃走中に出演も!?寺の場所や今現在は?偽坊主と言われた理由は?

今回は、水無昭善(みずなしょうぜん)さんについて調べてみました。

水無昭善さんは、高野山で修行し僧侶になられたそうです。

そして、水無昭善さんは、「おネエすぎる僧侶」注目されテレビなどに出演されていましたが最近は、あまりお見かけしませんね。

水無昭善さんが最近、あまりお見かけしないので「爆報THEフライデー」で取り上げられていますね。

番組では、水無昭善さんがトラブルに巻き込まれていて、仏門のタブー?を破り、人気絶頂の最中、師匠から絶縁され表舞台から抹殺されていたとありました。

そして、先輩僧侶・家田荘子さんが公開説教をされ、カメラの前でまさかの喧嘩が…。とありました。

一体、水無昭善さんに何があったのでしょうか?

そんな、突然に表舞台から姿を消した水無昭善さんの岩手県久慈市にあるという寺の現在や過去のトラブルなど、あれこれ調べてみました。

では、さっそく!

スポンサーリンク

水無昭善さんのプロフィール・経歴

引用:http://meigen.keiziban-jp.com/mizunashi

名前:水無昭善
読み方:みずなしょうぜん
本名:非公開
生年月日:非公開
出身:岩手県久慈市

本名や年齢などは、非公開の水無昭善さんです。

過去に水無昭善さんが、テレビ出演されいた頃は2009年ぐらいで20代半ばくらいともあり、現在は30代くらいではないかと思われます。

意外とお若いです。

wikipediaにはスカイコーポレーション所属のタレントとありましたが、スカイコーポレーションのタレントに現在、水無昭善さんのプロフィール画像などはありませんでした!

水無昭善さんは、幼い頃からお寺に出入りをし、神社での下働きや月山(山形県にある火山)などで、滝行などの修行をつみ、15歳の時に仏門に入られました。

当時は、仏門に入ることを、両親が反対されていたそうです。

両親が反対されていてますし家は、お寺関係ではないです。

その後、真言宗の総本山である高野山で修行を重ね、2007年に自身が設立した「祥炎山不動院」の住職を務めています。

2009年の「笑っていいとも」で、当時「ホントに来てくれるかな?〇〇すぎるっ!ホニャララさん」というコーナーがあり、募集されたのが、「おネエすぎるお坊さん」だったのです。

そして、翌週に現れたのがなんと、水無昭善さんたった一人だけでした!

水無昭善さんはこの事について、友人の僧侶に騙されて、出演されたと言われています。

しかし、「笑っていいとも」出演が話題になり番組内で、水無昭善さんのコーナー「水無昭善さんに聞いてみよー!」が始まり水無昭善さんはメディアに出演されるようになります。

水無昭善さんが話題となったのは、やはり「オネエ言葉」です。

この「おネエ言葉」は、幼いころ女の子のように育てられたそうで、過去のインタビューで「気づいたら、こうなっていた。これも縁よ。どっちが好き、とかはないの。私は男も女も同じように愛するの。だって、悩みを抱える衆生に男女の別はないでしょ」と言われていました。

しかし、「おネエ言葉」でお坊さんとしてのありがたい話しをし、そのギャップが世間にウケたみたいですね。

トークもなれており、過去には、はるな愛さんが、タイで行われたミスインターナショナルクィーンで優勝されたため、タイでのイベント出演が入り帰国が延期された際に代打とし出演されたり、フジテレビの「逃走中」の出演までされていました。

水無昭善さんは「おネエ言葉」で趣味はカラオケ、遊園地などとお坊さんらしくないため本当にお坊さんなのか疑われもされていました。

水無昭善さんは、真言宗の総本山・高野山で密教の最高位・阿闍梨とありました。

しかしこれがトラブルに発展されたようでした。

スポンサーリンク

水無昭善さんの過去のトラブルは?

水無昭善さんは、真言宗の総本山・高野山で密教の最高位・阿闍梨とありましたが、疑う人も多く週刊誌に記事が出てしまいました。

『おネエ和尚 水無昭善 グレーな経歴と相談内容に疑問の声が・・・「100日の修行で高僧」に高野山が待った!』

水無昭善さんが実際に、高野山真言宗の僧侶であるか?

岩手県久慈市に「祥炎山不動院」が実在するか?

一般の相談料金が安くない金額や相談内容、結果に疑問?

などという記事でした。

この記事によって水無昭善さんに対しての誹謗中傷が特定の人物によりあったそうです。

その他にも、水無昭善さんの出版された本の出版社に、販売中止をを求める電話や、公演を中止を求める妨害行為までありました。

こうなってしまっては、世間は一気に風向きも変わりますね。

実際に高野山 金剛峰寺に、確認されている方などもいました。

高野山 金剛峰寺 総務課に水無昭善さんの破弟の件伺ってみました。破弟は間違いないそうで、高野山では離弟というそうです。除籍という意味で、水無さんのお師匠さんから申し入れがあって、その様になったとの事です。
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

違います。高野山真言宗 総本山金剛峯寺に問い合わせたところ親切に教えていただきました。
もともとは、高野山の本山の別院の一つの寺院で短期間の修行で僧籍をとられたのだそうですが、諸事情により高野山から出ていっていただいたとのことです。
私が書いても信憑性がないかもしれないので、高野山に直接たずねてみてはいかがでしょうか。
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

そして、とうとう高野山の師匠との師弟関係が破断になってしまったそうです!

他にもトラブルがあり、経歴詐称疑惑や、地元住民との騒音トラブル、霊視の問題などが指摘されていました。

そして、水無昭善さんのブログの更新も2013年の夏から更新もぱったりなくなっていました。

スポンサーリンク

水無昭善さんの今現在は?

水無昭善さんは、特定の人物による誹謗中傷があり、メディアの出演やブログの更新も2013年頃になくなっています。

2015年にブログの更新があり、離弟の件は行き違いと誤解によるものであったことが相互に確認され師匠とは「復籍」されたそうです。

誹謗中傷では、水無昭善さんと高野山の師匠が離弟関係に至った事がわかるとチラシやネットで「高野山を破門になった偽坊主」と騒ぎ立てたそうです。

しかし現在は、ブログやツイッターも再開されています。

ツイッターは日々ツイートされていて、水無昭善さんの「おネエ言葉」で綴られいます。

水無昭善さんの寺の場所は?

問題になっていた水無昭善さんが住職を務める、岩手県久慈市にあるとされる「祥炎山不動院」ですが、住所の特定はできませんでした。

調べていると、寺を持たない僧侶も存在するそうです。

ブログに過去に詳細がありました。

「祥炎山不動院」は水無の実家に壇を設えてお寺にしているものです。代々続くお寺に生まれたのではなく、初代僧侶となった場合は、自宅、マンションに壇を設えてお勤めされている形のお寺もあることを知って戴きたく思います。

祥炎山不動院のホームページもあり、東京別院の住所の記載もありましたが、現在はホームページの更新もされてなく、住所にも東京別院は無いようです。

自宅マンションには、「祥炎山不動院」の檀は存在するみたいで、ネットでは木魚の音?なのかわかりませんが、マンションの住人と騒音トラブルになっているような事が書かれていました。

太鼓かドラムかドンドンなってるのうるさいって前いってましたよねぇ!わかりましたよー
14階に南千住の有名な寺の住職さん、笑っていいともに出てたおかまっぽい住職知りません?
そいつがぽこぼこいわしてたんですよ!
どうしますかねぇ?

僧侶ですので、日々のお勤めなどがあり、ポコポコされていたのでしょうかね?

私も、以前隣に住む老夫婦が朝の5時から木魚とお経を毎日聞かされた経験がありますが、結構辛いものがありました。

たまにだったら良いのですが、毎日、朝5時から1時間くらいされると、流石に参りましたね。

現在は、解決されたのか少し気になります。

関連記事はこちら↓

芸人・春一番さんの奥さんが爆報フライデーで今現在、夫ロスで引きこもりになっているとありました。 春一番さんはアントニオ...

最後に

水無昭善さんは「おネエ僧侶」として、過去に話題になっていましたが、表舞台から姿を消しています。

最近見かけないので「爆報フライデー」で取り上げられいました。

表舞台から姿を消した理由は、行き過ぎた誹謗中傷によるトラブルのようでした。

水無昭善さんを調べていると、数々の疑問の声も多かったですが、僧侶というイメージと水無昭善さんが違うので叩かれやすいのでしょうね。

水無昭善さんの、占いのサイトなどもあり「幼少時から不思議な力を自覚し」とあり人によりますが、胡散臭さも感じる人もいると思います。

水無昭善さんは人生相談コーナーなども「笑っていいとも」でされていましたので、一般人向けに開設されたのかもしれませんね。

今回、水無昭善さん「爆報フライデー」に出演されトラブルも解決されていれば、再ブレイクの可能性もありますね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク