北尾佳奈子(シンクロ)現在は結婚してシルクドゥソレイユO(オー)で人気NO1に!過去の引退理由は?

北尾佳奈子(きたおかなこ)さんが「世界ナゼそこに?日本人」に出演されます。

北尾佳奈子さんは元シンクロナイズドスイミング日本代表でオリンピックアーティスティックスイミングチーム銀メダリストです。

北尾佳奈子さんは現在は結婚されて旦那(夫)と子供も(息子)がいるそうです。

そして北尾佳奈子さんはシルクドゥソレイユO(オー)で人気ナンバー1になっていて活躍されています。

しかし北尾佳奈子さんは現役を22歳で引退されていて現役はまだ続けれる年齢で引退されていました。

そんな、北岡佳奈子さんは現在や過去の引退など調べてみました。

では、さっそく♪

スポンサーリンク

北尾佳奈子さんプロフィール

引用|http://www.tk.heian.ac.jp/topix/kitao/

名前:北尾佳奈子

結婚後の名前:スペンドラブ佳奈子

生年月日:1982年2月6日

出身地:京都府向日市

身長:161㎝

学歴:平安女学院高等学校、立命館大学経営学部卒

職業:シルク・ドゥ・ソレイユ パフォーマー

趣味・特技:美術

北尾さんは9歳のころからシンクロナイズドスイミングを始めています。

シンクロを始めたきっかけはソウルオリンピックに出場していたシンクロ選手の小谷美香子さんの演技をみてシンクロの綺麗な演技に魅了されて感動され始められたそうです。

北尾さんはシンクロを始めるのメキメキと上達し、14歳の時にジュニアナショナルチームに入り20歳でナショナルAチームに入られます。

ナショナルチームは国ごとに結成されたオリンピックや世界選手権などの国際大会に派遣するチームで北尾さんは14歳でジュニアナショナルチームに入られていますのでかなり実力があったと思われますね。

高校は平安女学院高等学校を卒業されてその後、立命館大学に進学されています。

大学在学中にバルセロナ世界水泳で銀メダルそしてオリンピックに出場してアテネオリンピックで銀メダルを獲得されています。

2005年にモントリオール世界水泳に出場して銀メダルを獲得し、同年に22歳の若さで現役を引退されています。

スポンサーリンク

北尾佳奈子さんの過去の引退理由は?

22歳の若さで現役引退されていますが引退の理由が気になりますね。

北尾さんは引退した理由はオリンピックのプレッシャーで眠れないくらいだったそうです。

日の丸を背負うプレッシャーは背負った人しかわかりませんが、北尾さんは涙まで流されていましたので相当だったのでしょうね。

そして引退を悩んでいると友人からシルク・ドゥソ・レイユの話を聞いたそうです。

現役引退決めた時にはパフォーマーになるという夢の意識は決まっていたそうです。

シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーになりたっか理由はを言われていました。

メダルを手にすることはできたが、自分が思い描いていたシンクロナイズドスイミングを全うできたとは思えなかった

北尾さんは自らのスタイルを追求したかったのですね。

その後2005年12月にシルク・ドゥ・ソレイユのオーディションに挑戦されます。

オーディションで表現力や身体能力、何より新たなことに挑戦する姿勢を評価され、北岡さんは単身カナダに渡りダンスや音楽などの訓練に参加されていました。

ちなみに直にオファーは来ないだろうと思っていた北尾さんはサンフランシスコで3ヶ月間、シンクロ選手をしていました。

試合も終わり帰国しようとしていた時に連絡がきたそうです。

モントリオールに行って3ヶ月間トレーニング予定でしたが2ヶ月経過した時にきてくれるよう言われたそうです。

シンクロ選手がシルク・ドゥ・ソレイユパフォーマーになることは珍しいことではないそうです。

日本人初は、奥野史子さん、その後も河邊美穂さんも挑戦し見事シルクドソレイユのパフォーマーとして活躍しています。

北尾佳奈美さんも先輩たちの活躍する姿をみてオーディションへの参加を考えたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

北尾佳奈子さんの家族は?


引用|https://www.kantei.go.jp/jp/headline/contributing_worldwide/kitao.html

北尾さんは現在結婚されていて子供さんがいるそうです。

北尾さんの現在のお名前が「スペンドラブ佳奈子」となっています。

アメリカ人の旦那さんエリックさんと結婚されていますね。

旦那さんはシルク・ドゥ・ソレイユでリガー(舞台装置担当)されているそうです。

夫婦揃ってシルク・ドゥ・ソレイユに活躍されているなんて素敵ですね。

子供さんザッカリーくんというも息子さんが一人います。

息子さんも可愛らしいですね。

生活の拠点はラスベガスですが平安女学院の職員でもあり日本とアメリカを行き来することが多いそうです。

北尾佳奈子さんはシルクドゥソレイユO(オー)で人気NO1に!

引用|https://www.kantei.go.jp/jp/headline/contributing_worldwide/kitao.html

現在シルクドゥソレイユO(オー)で北尾佳奈子さんは人気NO1のパフォーマーになっています。

シルクドソレイユはサーカスのようなショーを行うパフォーマンス集団で、彼らの数あるショーの中でもこの「O」が一番人気で、これまでの動員数は、なんと1500万人!

人気の理由は巨大水槽を使ったパフォーマンスが見られるのはこの”O”だけで魅力があると言われています。

人間の身体能力の限界を追求するようなショーで知られるシルク・ドゥ・ソレイユには、世界中から一流のアスリート、大道芸人、ダンサー、スタッフたちが集結しています。

そんな一流の中で北尾さんは実力が認められて今や「O」の看板パフォーマーの1人になっています。

それぞれが自らを高めつつ互いに敬意を持って一つにまとまり、より良いショーを作り出す努力をしており、その調和の素晴らしさに衝撃を受け訓練にのめり込まれたようです。

現在(2018年)シルクドゥソレイユO(オー)12年間も公演を続けていて大黒柱的な存在になっているそうです。

そして週5日、1日2回の出演があり、その合間を縫って競技者としての練習も欠かさないそうです。

2017年の世界水泳選手権では米国代表としてビル・メイと組み、混合デュエットに出場し、銅メダルを獲得しています。

まさに一流のアスリートですね。

パフォーマーとしても競技者としても活躍され母親もかねているとは本当にすごいですね。

関連記事はこちら↓

中山茂(なかやましげる)さんが「世界ナゼそこに?日本人」でアマゾン奥地でたった一人で暮らし自給自足生活をしながら暮らす日本人として出演されま...

最後に

北尾佳奈子さんは元シンクロナイズドスイミングの銀メダリストでした。

しかし22歳の若さで現役を引退しコーチなどの道もあったと思いますが、自分が思い描いていたシンクロナイズドスイミングを全うすべく引退されました。

その後はシルクドゥソレイユに挑戦して現在、12年間一流パフォーマーとして大黒柱的存在までなられています。

現在はアメリカ人の旦那さんと結婚して息子さんもいて母親としても頑張っていました。

競技者としてもアメリカで活躍されていてまさにスーパーアスリートですね。

今後もさらなる活躍を期待したいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク