平坂寛(生物ライター)イケメンで結婚や彼女は?wikiプロフやカミツキガメを食べた!?ダレトク

生物ライターの平坂寛(ひらさかひろし)さん最近メディアやテレビなどでよく拝見しますね。

平坂寛さんは珍しい生きものを捕まえて触って、見て、嗅いで、聴いて時には食べてみたり五感で感じ生物観察され記事にされています。

平坂寛さんは最近では「情熱大陸」に取り上げられたりメディアなどにも出演されています。

平坂寛さんは「有吉弘行のダレトク」でも定期的な企画で日の当たらない生物などを捕まえてアンガールズの田中さんなどと食べてみたりされています。

平坂寛さんは外来種などのカミツキガメやアリゲーターガーなども食べています。

なんでも最後は食べるのですかね?

平坂寛さんは世界中も回っていて家族はいないのか?

平坂寛さんはなかなかのイケメンですので彼女や結婚などされているのかも気になりますね。

ですので平坂寛さんについて調べてみました。

ではさっそく♪

スポンサーリンク

平坂寛(生物ライター)wikiプロフィール


引用|http://zukan-move.kodansha.co.jp/series_list/1/

平坂寛さんは1985年生まれで長崎県出身です。

平坂寛さんは生物ハンターや生物ライターなどして活躍されています。

平坂寛さんは子供の頃から動物や生き物が大好きでいろんな生き物を今まで捕まえてきたそうです。

小学生の高学年の時にブラックバスを釣り上げたのが初めて捕まえた外来種で、母親に嫌な顔をされながらさばいてもらいフライにして食べたのが意外と美味しかったそうです。

平坂寛さんは大学も熱帯の生物を勉強したいと思い、沖縄の琉球大学理学部海洋自然科学科卒業されています。

沖縄では海で釣った魚やカニ、時にはハブなどをバーベキューで食べていたそうです。

沖縄にも外来種は多く本格的に食べることを初めています。

そして卒業後は、さらに研究を知識を深めるために筑波大学大学院生命環境科学研究科 環境科学専攻 博士前期課程修了されています。

平坂寛さんは、将来は生き物の本を出すのが夢でニフティ株式会社が運営するオルタナティブなポータルサイト「デイリーポータル Z」のライター募集をで試しに生物観察系の記事を書いて応募したのがライターとしての活動の始まりでした。

連載は続けており数々のヒット記事を執筆されその後念願だった「外来魚のレシピ」や「深海魚レシピ」の本を出版しています。

現在でも多くの生物の記事の執筆や研究をされていて、「五感を通じて生物を知る」をモットーに活動されています。

その活動が評価されメディアなど多くのテレビ番組などにも出演されています。

スポンサーリンク

カミツキガメを食べた!?


引用|http://portal.nifty.com/kiji/120618156059_4.htm

平坂寛さんの検索には「カミツキガメ」などの外来種のキーワードがあり過去に食べています。

外来種であるカミツキガメは日本にも生息されており日本の侵略的外来種ワースト100に指定されています。

観賞用として日本に持ち込まれ、ペットとして飼う人も多く飼えなくなった人などが野外に放置し繁殖されていったそうです。

大型淡水カメであるカミツキガメは日本では千葉の沼水系で繁殖しているそうです。

そして平坂寛さんは、なんと唐揚げとして「カミツキガメ」を調理し食べています。

パッと見はカラッと揚がっていますが「カミツキガメ」の鋭い爪がグロテスクです…。

しかしは味は豚のスペアリブと鳥もも肉の中間の食感で長時間煮込んだわりには肉はやわらく味も濃厚だったそうです。

臭みもクセもなくスッポンよりも食べやすく平坂寛さん的には好みの味だったそうです。

その後「カミツキガメ」の肝も食べており最後に素材のだし汁でおじやにして食していました。

「カミツキガメ」は美味しかったらしくその後、何度か食べたそうです。

「カミツキガメ」は中米のある地域では「カミツキガメ」を食用としている地域あるそうです。

平坂寛さんは「カミツキガメ 」だけではなく多くの生物を食べていて著書には外来種のレシピや深海魚のレシピ本などや逆に食べたらヤバい生き物の本などを出されています。

確かに読んでみたいですが実際に調理はしたくないと思ってしまいました(笑)

スポンサーリンク

イケメンで結婚や彼女は?


引用|http://zukan-move.kodansha.co.jp/series_list/1/

平坂寛さんは個人的にはワイルドなヤンチャぽい雰囲気でイケメンだと思います。

生き物を求めて日本中、世界中を回っていますので彼女や家族などはいるのか気になる所ですね。

現在は独身のようですね。

しかし結婚願望はあり「早く親に孫の顔を見せてあげたい」と語っていました。

SNSなどを拝見しましたが恋人は生き物のようですね(笑)

平坂寛さんは捕まえた生物を「五感」で感じていますので調理もされ食べてしまいますので一緒に楽しめる人などが良いですね。

生き物が好きな女性ではないとダメな気もしますね。

平坂寛さん会社社長

平坂寛さんは「モンスターズ株式会社」という会社を設立されています。

テレビなどで巨大生物や珍しい生き物を釣り上げたり、取ったりできますので番組の企画などで一緒に同行することも多いですね。

オファーなども多く、日本だけではなく、海外からのオファーなどもあり世界中で評価されてきているのですね。

好きなもの大人になっても変わらずに好きでそれを仕事にできるとは素敵ですね。

関連記事はこちら↓
ファン・インソン(いんくん)は女装ではない理由判明!経歴・過去も意外な料理研究家【さんま御殿】

最後に

平坂寛さんは子供の頃から生き物が好きで大人になっても変わらず生き物を追いかけています。

生き物の中でもあまり注目されない生き物や珍しい生き物を追いかけ「五感」で観察されています。

その探究心には底がなく日々、いろんな生物を追いかけていますね。

その研究は日本だけではなく海外からも注目されていました。

平坂寛さんは「情熱大陸」にも取り上げられて出演されていました。

その時に平坂寛さんは「像やライオンなどの大衆ウケする生き物は他の人に任せればいい、日の当たらない生き物の魅力を伝えるのが僕の役割」と言われていました。

平坂寛さんを調べてみた、確かにみたこともない生き物をたくさん拝見しました。

少し興味がわきましたので美味しい生き物だけ食べてみたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク