フランス美女(エステル)顔面肥大の原因はアレルギー反応?ある行動で顔面が2倍に!対処方は?【マサカの映像グランプリ】




今回は、マサカの映像グランプリで、19歳の美しい女性の顔面が肥大化するという衝撃的な映像が放送されます。

顔面肥大に襲われた、19歳の美しい美女とはフランスに暮らすエステルさん。

ある行動で顔面が2倍に腫れ上がり大変なことになっていました!

たくさんの女性が美のために行っている、ある行動とは一体どういう行動でしょうか?

このことは、仰天ニュースでも取り上げられた話題ですので、原因や対処法についても調べてみました!

では、さっそく♪

スポンサーリンク

フランス美女(エステル)顔面肥大の原因原因はアレルギー?

引用:https://translate.google.co.jp/

とても美しいこの女性は、フランス・パリ郊外ヴァル=ド=マルヌに暮らすエステルさんという19歳の女性です。

エステルさんは大学生で、地元のスーパーで髪を染めるためにヘアカラー剤を購入し、自宅で髪を染めることに。

自宅などで白髪染めや、おしゃれ染めをする人も多く、ごく普通の行動ですね。

しかし、エステルさんは過去にヘアカラー剤で軽度のアレルギーが出たことがあり、ヘアカラー剤を使う前に、パッチテストを行います。

パッチテストはヘアカラー剤を皮膚に付け、48時間放置することですが、ヘアカラー剤の説明書にも記載されていますが、エステルさんは、パッチテストはしましたが、30分後には、髪をヘアカラー剤で染め始めてしまいます。

すると、エステルさんは、頭皮にかゆみが出たため、ヘアカラーを洗い流した後に、薬局へ行き抗ヒスタミン剤と薬剤師に塗り薬を処方されています。

しかし、翌日エステルさんが目をさますと、頭部から顔にかけ腫れ上がり、激しいアレルギー反応が出ていました。

引用:https://translate.google.co.jp/

さらに、呼吸がだんだんと苦しくなり額が2倍になり、まるで電球のようになってしまったエステルさん!

画像はエステルさん本人です!

本当に電球のように顔面が肥大化し、腫れ上がって冒頭の写真の美女とは思えませんね!

その後も、舌や目が腫れ始め頭の大きさが、56cmから63cmに肥大化し、病院に運ばれています。

スポンサーリンク

フランス美女(エステル)顔面肥大の原因はパラフェニレンジアミン(PPD)

ヘアカラーをされる際に頭皮が痒くなったり、ヒリヒリした経験がある人も多いと思います。

これは、パラフェニレンジアミンアレルギーの可能性があります。

パラフェニレンジアミンはヘアカラー剤の中に入っている染料にしようされていて、アレルギーを起こすともあると言われています。

染髪剤では一般に黒い色ほどPPDの濃度が高く、少量の接触や吸入で皮膚炎、むくみ、結膜炎、鼻炎、気管支喘息など粘膜の障害を起こすほか、腎臓障害、最悪の場合はアナフィラキシーショックを起こすこともある。
そのため染髪剤へのPPD使用濃度は最大2%という制限があり、他の化粧品でPPDの使用は禁止されているという。
引用:http://japan.techinsight.jp/2018/12/ellis14001129.html

この成分がないと、髪に色をつけることは不可欠な成分です。

エステルさんは過去にも、アレルギー反応があったとありますが、このパラフェニレンジアミンアレルギーは、今までアレルギー反応が出ていない人も出る可能性がありましす。

エステルさんのようなアレルギー反応が出ないためにも、予防法や対処法もあります。

フランス美女(エステル)顔面肥大の原因パラフェニレンジアミンの予防法・対処法は?

パラフェニレンジアミンアレルギーの予防法は、パッチテストです。

このパッチテストは、ヘアカラーをする前の48時間(2日前)に行うことです。

パッチテストの方法は、実際に染めようとしているヘアカラー剤を綿棒にとり、腕の内側に10円玉くらいの大きさに薄く塗り自然乾燥させます。絆創膏などを貼らずに、そのままの状態が良いので、服などに着かないようにし、もし乾燥しない場合は液の付けすぎなので、コットンやティッシュペーパーでこすらないように軽く拭き取ります。パッチテストの場所の観察は、液塗布後の30分後と48時間後の2回に分けて観察します。以上がないか確認し、塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激があった場合はすぐに洗い流してください。

この作業は、ヘアカラー前に必ず行うテストです。

パッチテストは、毎回する必要があり今までアレルギー反応が出ていなくても行う必要があります。

特に、繰り返し過去にヘアカラーをされている人や肌が敏感な人、アレルギーがある人は注意が必要となっています。

そして、市販のヘアカラー剤は染料が強いため、美容室や専門のサロンで染める方が安心かもしれませんね。

美容室では、頭皮にヘアカラー剤が着かないように薬剤を塗って施術を行ってくれる美容室もあります。

そして、自分で染めた場合は、ヘアカラー剤が残ってしまう場合もあり、洗い残しを防ぐこともできますね!

アレルギー反応が出てしまった場合は、ヘアカラーをやめ病院にいかれることです。

エステルさんも病院で治療を受け回復されています。

引用:https://translate.google.co.jp/

エステルさんのように、パラフェニレンジアミンアレルギー反応が出ている人も多いです。

顔が2倍になったエステルさんの症状より軽くても、エステルさんのようになる場合もありますので、ヘアカラーをされる際は、パッチテストや、専門の美容室で染めることが良いですね!

エステルさんの他にも、パラフェニレンジアミンアレルギーを発症されている人も多いです。

ここまでのアレルギー反応が出なくても、日頃から気をつけていた方が良いので、面倒ですけどパッチテストを行った方が予防に、つながりますね。

関連記事はこちら↓

今回は吉村リナさんについて調べてみます。 吉村リナさんは、俳優やタレントとして活躍されている、城田優さんの妹です! ...

最後に

たくさんの女性がするある行動とは、ヘアカラーでした。

エステルさんは、市販のヘアカラー剤を使い、強いアレルギー反応が出ています。

過去に、アレルギー反応が出ていましたが、間違ったパッチテストを行い、顔が2倍に腫れ上がり、その後呼吸困難になり病院に運ばれています。

ヘアカラー剤は、スーパーや薬局などに売っていて、手軽に髪を染めることができますが、エステルさんにように、顔面が肥大化してしまうほどのアレルギーが出てしまうとは驚きですね。

しかし、誰でもパラフェニレンジアミンアレルギー反応が出る可能性があります。

エステルさんも「私は死にそうになったので、他の人にも同じことをしてほしくない」と言われています。

自分で染める場合や、肌が弱い人、ヘアカラーを繰り返している人は、パッチテストや専門の美容室で染めた方が良いですね。

最近では、パラフェニレンジアミンアレルギーなどのアレルギーが多いのか、髪を染めない女性や、グレーカラーにされ、白髪を染めない人も多いようです。

しかし、髪を染めている人も多いですので、髪を染める場合は、気をつけたいものですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

関連記事



スポンサーリンク







スポンサーリンク