塩谷歩波(銭湯イラストレーター)のきっかけは?プロフや大学は!?本人画像がかわいい?本も出版!?




塩谷歩波(えんやほなみ)さんといわれる銭湯イラストレーターされている方がいるそうです。

イラストレータは、わかりまますが銭湯のイラストレーターと聞くと「?」となってしまいます。

しかし、塩谷歩波さんは「銭湯図解」というイラストが注目を浴びています!

塩谷歩波さんの「銭湯図解」といわれると、ますますわからなくなってきます。

塩谷歩波さんは銭湯で働かれていて、イラストを書かれているそうです。

そこで、塩谷歩波さんの銭湯イラストレーターや「銭湯図解」の他にもプロフィールや働いている銭湯なども一緒に色々調べてみました。

では、さっそく♪

スポンサーリンク


引用|https://saunatime.jp/articles/14/

本名 :塩谷歩波(えんやほなみ)

生年月日:1990年6月26日

卒業校:早稲田大学理工学部

塩谷さんは現在銭湯で働きながらイラストレーターをされています。

大学はなんと早稲田大学とかなり高学歴です!

しかし、早稲田大学と高学歴で、銭湯で働き、銭湯イラストレーターをされているのは、とても不思議ですね!

塩谷さんのお母さんは、インテリアコーディネーターをされていてお母さんと描いた住宅のパースから建築の道を志したそうです。

しかしなぜ、早稲田を卒業して銭湯で働いてイラストレーターをされているのか気になります。

塩谷さんは、早稲田を卒業後に大手の設計事務所に就職しています。

将来の夢は、海外に事務所を構える建築家になりたいと思い、日々ハードな仕事をしていました。

しかし、入社2年目の時に極度の貧血になり、低血糖症と診断され休職を余儀無くされました。

早く仕事復帰を目指していて、医者や周りの勧めで銭湯に通い、交互浴(温浴と冷浴を交互に入る入浴法)はじめました。

すると、体が良くなっていく感覚がわかったそうです。

そして、同じく休職中の友人に向けてSNSで銭湯の良さを伝える為にイラストを書き載せました。

設計事務所で働いていたので、銭湯全体を斜め上から透視したイラストでわかりやすく丁寧に書いたところ、イラストが好評で銭湯の経営者から店のパンフレットを作ってほしいといった依頼もきそうです。

塩谷さんは、4ヶ月間の休職をされ、職場復帰しましたが体調は万全ではなく元には戻らなかったそうです。

そんな時に、現在働いている銭湯から声をかけられて悩んだ末に決めました。

塩谷さんは、銭湯で働きながらイラストを書いていることを自分がやりたかったことだと言われていました。

「有名大学を出て有名企業に就職した人間が銭湯で働くだなんて、人からはドロップアウトと見えるでしょう。でも、これは私がやりたかったこと。大学時代、研究のため建物のイラストを描いていたとき、将来これを仕事にできたらと思っていた。曲折を経て、私は今、やりたいことをやっている」

現在は、銭湯で週2回番頭をしながらイラストの仕事をしています。

世間から見ると、ドロップアウトしたように見えますが、やりがいを持ってされていて活躍されていますので決してドロップアウトではないですね。

塩谷さんのイラストの作品をみて、銭湯に来られるお客さんもいるほど人気があるそうです。

そんな塩谷さんですが、見た目もかわいいと人気なんだとか!

スポンサーリンク

塩谷歩波さんがかわいいと人気!


引用|https://twitter.com/

銭湯図解や銭湯イラストレーターとして活躍されていてメディアなどにも取り上げられていてテレビの出演もされている塩谷さんです。

イラストも人気ですが、塩谷さん自体もかわいいと人気です。

確かにかわいらしいですね( ^ω^ )

塩ノ谷早耶香さんになんとなく似ている気もします。

こんなにかわいい子が銭湯の番頭でいたら男性は少し緊張してまいそうですね^^;

塩谷さんのイラストを見て、来られるお客さんもいるそうですが、塩谷さん目当てのお客さんももしかしているかもしれませんね( ^ω^ )

週2回銭湯の仕事をされているので銭湯の場所なども気になりますね。

塩谷歩波さんが働いている銭湯小杉湯

引用|https://www.google.co.jp/

塩谷さんが番頭として働いている銭湯は小杉湯という銭湯です。

杉並区高円寺にあり、昭和8年創業している老舗の銭湯です。

名物はミルク風呂で良く温まって、肌がすべすべになると評判です。

箱根の温泉より『小杉湯がいい』と言われるほどだそうです。

温度の違う浴槽が4つあり交互浴、温冷浴も人気ですね。

塩谷さんの貧血も、交互浴でよくなっていくのを感じていましたね。

血行がよくなるのでしょうね!

営業前にイベントなども多数実施されていて、平成15年にリニューアルをしてギャラリーを創設されています。

ギャラリーは無料で1ヶ月使用でき、塩谷さんのイラストなども銭湯にあるそうです。

住所:東京都杉並区高円寺北3-32-2

電話:03-3337-6198

URL:http://www13.plala.or.jp/Kosugiyu/

営業時間:15時30分~25時45分(最終受付25時30分)

定休日:毎週木曜日

スポンサーリンク

関連記事



スポンサーリンク







スポンサーリンク