映美くららの宝塚時代の評判は?女優としての評判は?

映美くららさんは元宝塚月組トップ娘役で現在は女優として活躍しています。

「シグナル 長期未解決事件は捜査班」第9話に登場されます。

「99.9 刑事専門弁護士」ではとは全く違う役所を演じております。

様々な役所を演じられる映美くららさんは一体どんな人物なのかしれべて見たいと思います。

スポンサーリンク

映美くららさんのプロフィール

名前|映美 くらら (えみ くらら)

本名|本山 麻衣子(もとやま まいこ)

生年月日|1979年6月15日

出身|熊本県菊池郡菊陽町

身長|159cm

血液型|O型

職業|女優

所属|ジャパン・ミュージックエンターテインメント

映美 くららさんは元宝塚歌劇団月組のトップ娘役でした。

幼少時代がらバレエなどを習われており、宝塚との出会いは中学の修学旅行で宝塚を見て「ここに入ろう」と決意したそうです。

2度目の受験で見事合格しています。

芸名の「映美くらら」は「美しく映える聖女クララ」のイメージ付けられてそうです。

(聖女クララとは、イタリアの聖人。ローマ・カトリック、聖公会、ルーテル教会で崇敬される創始者です。)

お母様と学校の恩師が付けて頂いた芸名で恩師が「くらら」と、お母様が名前に合わせて「映美」と考えてくれたそうです。

入団後はスピード出世で3年目で紫吹淳さんの相手役でトップの座につきます。

2004年に宝塚を退団し女優として活動しており2015年に結婚し2人のお子さんがいらっしゃいます。

宝塚時代の評判

1977年に宝塚音楽学校に入学し2004年に退団されています。

トップ生活3年、入団わずか6年目で退団されています。

2001年に真琴つばささんの退団時に月組に組替えし、その当時月組男役トップの紫吹淳さんの相手役として抜擢され入団3年目にして娘役トップに立っています。

もともとバレエなどの経験もあり演技力もあった映美さんですがスピード出世からトップに立った事から周囲の反感も当時はあったようです。

そして紫吹淳さんが退団する際に一緒に退団しなかった事でバッシングもされているようです。

宝塚は男役主体の歴史があるからとも言われ、娘役が先に退団する場合が多い事もあり人気がかなりあった紫吹淳さんの退団の際に退団されなかった事でバッシングもあったようです。

男役が退団後に残られたケースもあり映美さん以外に、檀れいさん(真琴つばささん)桜乃彩音さん(春野寿美礼さん)なども同時退団ではないケースでした。

宝塚は女性社会ですので妬みや嫉妬などもあると思います。

ファンの中でもお気に入りの方が退団されたりすると大騒ぎになるくらいです。

トップになると何かしらのバッシングはあると思いますしトップだからこそ騒がれるのでしょうね。

宝塚でトップになは実力もですけど運もあるようです。

倍率何十倍の狭き門を通過した40名はほとんどの方が実力は備わっているでしょう。

その中から劇団員になりトップまで上り詰めるのは運もあります。

(決して映美さんが実力が無いと訳ではなく)

劇団は一人で構成されている訳では無いので上の幹部の人達がトップを決めているそうです。

しかし、選ばれるからにはそれなりの実力やオーラなどがあったのでしょう。

女優としての評判は?

宝塚退団後は女優として活動されています。

退団の翌年の2005年1月に「ナニワ金融道6」でテレビドラマで初出演されています。

2012年にはテレビドラマ初主演をされています。

今の所、主演をされたのは『鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記』となっております。

演技力も宝塚での経験を生かし個人的には好きな女優です。

主演よりも名脇役としてドラマや映画を盛り上げる役所だと思います。

映画やドラマの主演が決まるのは実力などもありますが話題性や旬の俳優が選ばれる事が多いので助演をされる方の方が実力があると思います。

その点においては宝塚時代の経験がある映美さんは実力がある方だと思います。

主なドラマ出演

ナニワ金融道
相棒(テレビ朝日)
鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記
マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜
99.9 -刑事専門弁護士
シグナル (テレビドラマ)

主な映画出演

昴-スバル-(2009年) – マリコ 役
HOME 愛しの座敷わらし(2014年)

CM出演

オフィス設計 イメージキャラクター
サントリー「天然水 阿蘇」合唱篇
ロート製薬「オレゾ」

スポンサーリンク

まとめ

映美くららさんは宝塚退団後は女優として活躍されています。

可愛らしい容姿でいろんな役柄をされています。

宝塚時代は異例の速さでトップの座まで登り詰めています。

わずか6年で宝塚を退団され現在はご結婚されてお子さんもいらっしゃるようです。

これからアラフォー女優として活躍から目が離せません。

これからのご活躍を期待したいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク