ドイツ村バームクーヘンマツコが大量買の専門店Angie(アンジー)の通販や値段.場所は?人気の理由は?

今回は、千葉にあるドイツ村にあるバウムクーヘンの専門店Angie(アンジー)について調べてみます♪

バウムクーヘンの専門店Angie(アンジー)は、マツコデラックスさんの番組「夜の巷を徘徊する」でマツコさんが大量にバームクーヘンを購入されていました!

マツコさんは、バームクーヘンが大好きで、バウムクーヘンの専門店Angie(アンジー)でバームクーヘンを爆買いされていました!

マツコさんが、「絶対美味しいのよ」と言われていましたので、絶対美味しいはず!

千葉のドイツ村にある、バウムクーヘンの専門店Angie(アンジー)のマツコさんが絶賛されているバームクーヘン食べてみたいですね!

ですので、今回は、バウムクーヘンの専門店Angie(アンジー)のバウムクーヘンや場所や値段そして、お取り寄せや通販があるのかも気になったので調べてみました。

では、さっそく♪

スポンサーリンク

マツコ大量買ドイツ村バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)の場所は?

マツコさんが大量害されたバームクーヘン専門店Angie(アンジー)の場所は東京ドイツ村にあります。

東京ドイツ村とありますが、千葉県にあります!

千葉なのに東京となっているのは、「東京」と聞くと国際的なイメージが強く、ドイツの国名を使っているので、千葉ドイツ村にするより、東京ドイツ村にする方が、インパクトもあり、来園されるお客にとっても、忘れられない施設名になることから、千葉県にあるのに「東京ドイツ村」となったそうです。

ドイツ村では、もともと商品の一つとして、バウムクーヘンを扱っていましたが、団体のお客さま向けに、売り出したところ、好評だったので、バウムクーヘン専門店としてAngie(アンジー)をオープンさせたそうです。

オリジナルのバウムクーヘンとして、ドイツ村ならではのビールジョッキ型のバウムクーヘンなどを売り出し、人気も出てメディアなどにも紹介されていました。

ちなみに、バウムクーヘンはバームクーヘンともいい、「バウム」の方がよりドイツ語の発音に近いそうです。

住所:千葉県袖ケ浦市永吉419 東京ドイツ村

営業時間
9:30〜17:00(イルミネーションが無い期間)
9:30〜20:00(2018年11月1日〜2019年1月2日)
9:30〜21:00(2019年1月3日〜4月7日)

休日 無休
電話番号:0438-60-5511
アクセス:車:館山自動車道「姉崎袖ヶ浦IC」より3km5分
電車:袖ヶ浦駅から路線バス→東京ドイツ村

料金はイルミネーション期間中は、駐車料金のみになっています。
しかし、徒歩で来園の場合は500円かかります。

バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)は、ドイツ村の園内の丘の上にあるレストランやショッピングが楽しめる、マルクドプラッツにあります。

店舗は、白とピンクでデザインされた可愛らしい店内です。

バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)の場所は、園内の丘の上にありますので、徒歩で向かうより、車でお店の近くまで行けますので、疲れないで良いです。

ドイツ村はバウムクーヘンも人気ですが、ふれあい動物や遊具などもありますので、ドイツ村で遊んで、最後にお土産としてバウムクーヘンを買われる方も多いので、園内で楽しんでからお買い物をするのもいいですね!

ドイツ村は広いので、楽しむのであれば、歩きやすい格好やスニーカなどで回る方が、オススメです。

イルミネーションも開催されている時期などは営業時間も長くなりますので、夕方から出かけてイルミネーションを楽しむのいいですね!

スポンサーリンク

バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)のメニュー商品は?

バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)のメニュー商品の種類は11種類もあるそうです!

全部の詳細はわかりませんでした、詳細のわかったメニューです。

東京ドイツ村のアイスバウム(いちご・バナナ・チョコレート):各380円
低温熟成バウム:600円
バームクーヘン(プレーン):500円
バームクーヘン(バニラ・チーズ):各1500円
東京ドイツ村オリジナルバウム:800円
コロコロバウム:550円
ドイツ国旗柄バウム(チョコ・ラズベリープレーンの3層)1200円
ビールジョッキ型バウムクーヘン 1600円
ソフトバウム
バウムチップス

バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)お取り寄せ通販は?

バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)のお取り寄せ通販は、現在のところは直接販売のみのようです。

マツコさんが、「絶対美味しいのよ」と言われているので、ぜひ食べて見たいのですが、残念です!

しかし、バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)は、オープンにあたり、石川県の専門店「メルヘン日進堂」の協力のもとで商品を作られいますので、メルヘン日進堂で購入できる商品もありました!

メルヘン日進堂ではビールジョッキ型や五色五層のバームクーヘンがあり、バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)で販売されている商品と同じような商品もありました♪

バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)のバームクーヘン人気の理由は?

マツコさんもバウムクーヘンが大好きなようですし、バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)のバームクーヘンが人気の理由を調査してみました!

バウムクーヘンは、製法が特殊なため普通のオーブンでは作れずバウムクーヘン専用のオーブンでは、焼けないので、専門店などは人気になりやすいみたいですね。

一般的にバウムクーヘンは真ん中にドーナツ状に穴があいていて、樹木の年輪のような模様があるのが、一般的なバウムクーヘンですね。

一般的なバウムクーヘンも人気ですが、バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)のバウムクーヘンは種類も豊富でバリエーションに飛んでいいて人気があるようです。

バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)を調べていて、よく出てくるバウムクーヘン商品は、ビールジョッキ型の見た目もかわいいバームクーヘンです。

お土産でもらうと、食べるのが持った無い感じもしますね!

マツコさんが大量買いされていたバウムクーヘンはアイスバウムも、空洞のところにアイスが入っていたりカラメルでコーティングされていたり、ドイツの国旗柄のバウムクーヘンなど、目でも楽しめる商品が多いですね。

SNSでも多くアップされていて、見た目も人気の一つですね!

そして共同で開発されている石川県の専門店「メルヘン日進堂」や「せんねんの木」も人気のお店で味、も評判で人気があります。

人気の理由は、種類やバリエーションも豊富で、見た目も楽しめるのが人気な理由ですね!

バウムクーヘンとは?

バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)を調べていて、バウムクーヘン自体についても調べてみました。

バウムクーヘンは、ドイツのお菓子です。

日本には、大正時代にドイツ人のカール・ユーハイムによって持ち込まれました!

製菓会社ユーハイムは、ここからきているんですね( ^ω^ )

当時の日本では「ピラミットケーキ」という名前で販売されていました。

木の年輪のような見た目から、日本では、贈答品として贈り物としてや、結婚式や祝い事の引き出物として使われることも多いですね!

名前の由来もバウム=木、クーヘン=お菓子で「木のお菓子」という意味です。

意外とシンプルな由来ですね。

日本では、ドイツのお菓子として有名ですが、ドイツでは珍しい種類のお菓子で、一般的ではないそうです。

日本ではドイツより一般的に普及されています。

バウムクーヘン専門店Angie(アンジー)のバウムクーヘンも人気ですが、他にも人気な商品を紹介します!

created by Rinker
MADAME SHINCO(マダムシンコ)
¥1,620 (2019/01/16 13:15:44時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事はこちら↓

ジョージア人男性のギオルギさんが6月18日「世界!ニッポン行きたい人応援団」出演して、メロンパン作りに挑戦されました。 ...

最後に

今回は、マツコさんも大好きなバームクーヘンの専門店Angie(アンジー)について調べてみました♪

バウムクーヘンの専門店Angie(アンジー)は東京ドイツ村の中にある専門店でした!

種類も豊富で、味見た目も人気な理由でした。

マツコさんも大好きなようで、大量に購入されていましたので、さらに人気が出るでしょうね!

東京ドイツ村では、イルミネーションも期間限定でやっていますので、行かれた際には、ぜひ買って食べてお土産としても購入しても、喜ばれるでしょうね!

ぜひ、マツコさんが大好きなバームクーヘンを食べてみたいものですね!

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク